1. ホーム
  2. ≫mineo(マイネオ)は代引きでSIM・スマホの申し込みは可能?クレジットカード無しでも契約する裏ワザや支払い方法変更について

mineo(マイネオ)は代引きでSIM・スマホの申し込みは可能?クレジットカード無しでも契約する裏ワザや支払い方法変更について


mineo(マイネオ)は、代引き(代金引換)によるSIMカード、スマホの申し込みは不可で、利用可能な支払い方法は原則クレジットカードのみとなっています。
mineo(マイネオ)は月額基本料が安く、支払い方法も柔軟に代引き(代金引換)に対応してくれているかと思いきや、申込画面を見ると、支払方法はクレジットカード以外選択する欄が無いです。
というわけで、mineo(マイネオ)では代引き(代金引換)による支払いは諦めて、クレジットカードを使って申し込みをするしかなさそうです!

当サイトが調べた一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

ただ、代引き(代金引換)は無理とはいえ、どうしてもクレジットカード以外の支払い方法で、mineo(マイネオ)に申し込みたいという方もいらっしゃると思います。
残念ながら、mineo(マイネオ)は代引き(代金引換)による支払いはどうあがいても難しいのですが、クレジットカード以外の支払い方法が100%無理かというとそうでもありません。
実は以下の方については、銀行口座から直接引き落とし(口座振替)が可能なんです。

  • eo光に契約されている方
  • スルガ、楽天、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方

つまり、eo光というmineoを運営するケイ・オプティコムの固定回線に契約されている方や、スルガ、楽天、ジャパンネット銀行といった銀行の口座をお持ちの方は、例外的に口座振替によりmineo(マイネオ)に申し込みが可能というわけです。

とはいえ、正直、上記に該当される方はあまりいらっしゃらないのではと思います。
なので、クレジットカードをお持ちの方は、普通にクレジットカードでmineo(マイネオ)に申込む方が、手間もかからずオススメです!

この記事はこんな方にオススメです!
  • mineoで代引きが利用できるかどうかを知りたい方
  • mineoをクレジットカードが無くても契約する方法を知りたい方
  • mineoの支払い方法の変更方法について知りたい方

mineoは代引きで申し込み可能?

mineo(マイネオ)は残念ながら、代引き(代金引換)での申し込みは不可です。
mineo(マイネオ)の申し込みの際は、オンラインストア・店舗いずれも、クレジットカードが必要です。

SIMカード

mineo(マイネオ)でSIMカードを申し込みをする場合、クレジットカードが必要です。
というのも、SIMカードを契約する際には、

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • 本人名義のクレジットカード

の2点が必要になります。
SIMカードには、電話番号が書き込まれているので、個人情報の入った商品ということになります。
そのため、知らない方が勝手に申し込んで利用することがないように、本人確認書類と本人名義のクレジットカードの2点で、本人確認を行った上で、発送ということになります。

スマホアドバイザー

なので、不正利用防止の意味合いもあって、mineoの申し込みボタンを押して、代引きで受け取るということはできないということになっています。

スマホ

mineo(マイネオ)のスマホの購入も、クレジットカードが必要になっています。
スマホは、単なる電化製品と同じだから別に代引き(代金引換)でも良いのにと思ってしまいますが、そうもいかないみたいです。
というのも、mineo(マイネオ)のスマホは、SIMカードとセットでしか購入できないので、SIMカードはクレジットカード、スマホは代引きというわけにはいかないということになっています。

mineoは代引きで申し込み可能かの要点整理
  • mineoで代引きが利用できるかどうかを知りたい方
  • mineoをクレジットカードが無くても契約する方法を知りたい方
  • mineoの支払い方法の変更方法について知りたい方

mineoで利用可能な支払い方法は?

mineo(マイネオ)で利用可能な支払い方法は、

  • クレジットカード
  • 口座振替

の二つです。
ただ、mineo(マイネオ)の申し込みには、クレジットカードを使われる方がほとんどです。
口座振替はどなたでも利用できる支払い方法ではなく、利用条件がかなり限られるためです。

クレジットカード

mineo(マイネオ)の支払い方法の王道はクレジットカードです。
mineo(マイネオ)では、以下のクレジットカードが利用可能です。

VISA / Master / セディナ(OMC) / セディナ(CF) / イオンクレジットサービス / セゾンカード / NICOS / オリコ / MUFG(UFJ)カード / ユーシーカード / ジャックス / ライフカード / TS CUBIC CARD(TS3) / 楽天カード・KCカード / ケイハンカード / アプラス / JCB / ダイナースクラブカード / アメリカン・エキスプレス

ポイントは、本人名義のクレジットカードであるという点です。
たとえば、未成年の方でクレジットカードを持っていない方がmineo(マイネオ)に申込む場合、お父さんやお母さんのクレジットカードを利用すると、mineoの加入審査で弾かれてしまいます。
お父さんやお母さんのクレジットカードを利用する場合は、

  • 契約名義:Aさん
  • クレジットカードの名義:Aさん

という形で、契約名義とクレジットカードの名義を同一にするようにしましょう。
契約名というのは、mineo(マイネオ)の申込画面で、入力する契約者の氏名のことです。
申込画面で子どもの名前を入力したのに、クレジットカード情報をお父さん・お母さんのカード情報を入力しないように注意してください。

口座振替

裏ワザ的に、mineo(マイネオ)ではクレジットカード以外にも口座振替が利用可能です。
口座振替というのは、クレジットカードを介さずに直接銀行口座から引き落としがされる決済方法です。
ただし、mineo(マイネオ)では誰でも口座振替ができるというわけではなく、

  • eo光に契約されている方
  • スルガ、楽天、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方

という2パターンの方のみ、口座振替が可能ということになっています。
もしクレジットカードをお持ちの場合は、断然クレジットカードで申込む方がオススメです。
クレジットカード無しでmineo(マイネオ)に申込むには、eo光(=固定回線)に申し込みをするか、スルガ、楽天、ジャパンネットの銀行口座を開設するかをしないといけないので、なかなかめんどうです。
どうしても、クレジットカードがないので、クレジットカードなしで格安SIM(MVNO)に申し込みたいという方は、何の制約もなく口座振替が利用可能な

  • UQモバイル(UQmobile)⇒手数料無料、オンラインで申し込み可能
  • OCNモバイルONE⇒手数料無料、郵送による申し込み
  • 楽天モバイル⇒手数料100円/月、オンラインで申し込み可能

といった別の格安SIM(MVNO)を申し込みをすることをオススメします。
上記の3つの格安SIM(MVNO)であれば、どなたでも口座振替で契約することが可能です。

スマホアドバイザー

ただ、いずれも代引き(代金引換)で、SIMカードの契約をすることはできません。やはり、SIMカードは電話番号が書き込まれているため、代引きで手軽に契約ということはできないみたいです。でも、口座振替ができれば、クレジットカードがない方でも気軽に申し込みができますね。

mineoで利用可能な支払い方法の要点整理
  • mineoの申し込みは、原則クレジットカードのみ
  • 口座振替を利用するには、eo光(=固定回線)に申し込みをするか、スルガ、楽天、ジャパンネットの銀行口座を開設するかが必要

mineoをクレジットカード無しでも契約する裏ワザ!

mineo(マイネオ)は、代引き(代金引換)により、SIMカードの契約やスマホの購入をすることはできません。
では、クレジットカードがないとどうしようもないかというと、そうでもありません。

クレジットカードの審査が通らないという方にオススメなのが、スルガ、楽天、ジャパンネット銀行の口座を開設するという方法です。
ポイントは、スルガ、楽天、ジャパンネット銀行の口座を開設する際に、デビットカードを作るということです。
デビットカードは、一言で言うと、支払い機能の付いたキャッシュカードのことで、銀行口座からお金を下ろす機能がある一方で、コンビニのレジなどで店員さんに渡すと支払いをすることもできる便利なカードです。

デビットカードは、上記のように表面に、クレジットカードと全く同じカード番号・氏名・有効期限が書いてあるカードです。
一見クレジットカードと同じように見えるカードですが、以下のように15歳以上の方なら無審査でどなたでも作れるカードです。

  • 審査→なし
  • 加入できる年齢→15歳以上
  • 限度額→銀行口座の限度額まで
  • 支払い回数→1回のみ
  • 支払い→即時払い(立て替え払いなし)

何より、カードを作るのに年会費も手数料もかからないので、何かしらの理由でクレジットカードを作れないという方には、とても便利なカードです。

のいずれかのデビットカードを申込むと、自動的に銀行口座が開設されて、口座振替によりmineo(マイネオ)に申し込みをすることができます。

mineo(マイネオ)を口座振替で申込むのは簡単で、上記のmineo(マイネオ)の申込画面の支払い情報欄に、デビットカードのカード情報を入力すれば良いだけです。
申し込みページには、クレジットカードのみしか利用できないと書かれていますが、実際、支払い方法の欄に、デビットカードの情報を入力して、mineoに申し込みができた方が何人もいらっしゃるので、試してみる価値はあります。

mineoをクレジットカード無しでも契約する裏ワザの要点整理
  • mineoは代引き(代金引換)は利用不可
  • クレジットカードを利用できない方は、年会費無料・手数料無料で作れるデビットカードを作るという手もある

mineoは契約後にクレジットカード以外の支払方法に変更可能?

残念ながら、mineo(マイネオ)の契約後に、原則クレジットカード以外の支払方法に変更することはできません。
例外的には、

  • eo光に契約されている方
  • スルガ、楽天、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方

という2パターンの方については、mineoにクレジットカードで契約後、クレジットカード⇒口座振替に支払い方法を変更可能です。
ただ、上記2パターン以外の方についてはクレジットカードから、支払い方法を変更することはできないことになっています。

mineo契約後にクレジットカード以外に支払方法を変更可能の要点整理
  • mineoは契約後に、原則クレジットカード以外の支払方法に変更はできない
  • ただし、eo光に契約されている方、スルガ、楽天、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は、クレジットカード⇒口座振替に支払い方法を変更可能

mineoでは利用できない支払い方法

mineo(マイネオ)では結論的には、クレジットカード・口座振替しか利用できないのですが、支払い方法として、利用できない支払い方法も一応確認していこうと思います。

auウォレットプリペイドカード

au WALLET(ウォレット)プリペイドカードは、上記のようなカードで、au解約後でも利用することが可能な年会費無料/発行手数料無料のカードです。
au WALLET(ウォレット)プリペイドカード自体は、au解約後でも使えるのですが、mineo(マイネオ)ではプリペイドカードによる決済を認めていないので、mineoの申し込みには、au WALLET(ウォレット)プリペイドカードは利用不可です。

ただ、ちょっとややこしいのですが、同じauのカードでも、auウォレットカードというカードは、クレジットカードに属するカードなので、mineo(マイネオ)の申し込みに利用することは可能です。

コンビニ払い

コンビニ払いというのは、振込用紙が自宅に届き、その用紙をコンビニに持っていって、指定金額をレジで支払うという決済方法です。
mineo(マイネオ)ではコンビニ払いによる月額基本料の支払いは不可です。
ただ、mineo(マイネオ)で月額基本料の未払いがあった場合に限り、滞納した料金を、送付された振込用紙によってコンビニ払いをすることは可能です。

キャリア決済

キャリア決済とは、AppStoreやGooglePlay上の有料アプリや、ゲームのアイテム課金などを、携帯電話料金と一緒に支払いができる決済サービスです。
mineo(マイネオ)は、au系列の格安SIM(MVNO)ですが、auの月額基本料にまとめて、mineo(マイネオ)の月額基本料を払うことは不可になっています。
つまり、mineo(マイネオ)はキャリア決済による支払いは不可です。

mineoでは利用できない支払い方法の要点整理
  • mineoでは、auウォレットプリペイドカード、コンビニ払い、キャリア決済、の支払いは不可
  • mineoの支払い方法は、クレジットカード、口座振替のみ

mineoの申込みにオススメなクレジットカード

mineo(マイネオ)では、代引き(代金引換)による申し込みは不可です。
そのため、クレジットカードを持たれていない方は、eo光を契約するか、スルガ、楽天、ジャパンネット銀行の銀行口座を開設するという手段を取る必要があります。
でも、そもそもeo光を契約されていたり、スルガ、楽天、ジャパンネット銀行の銀行口座を持っているという方は、あまり居ないと思いますので、どうせならクレジットカードを作ってしまう方が、オススメです。

以下のクレジットカードなら、審査も緩く、何より入会特典がめちゃめちゃ多いので、mineo(マイネオ)を申込むタイミングで、クレジットカードを作ってみるのは悪くないと思います。

上記いずれのクレジットカードも入会費無料・発行手数料無料で作れ、それぞれのポイントは現金同様に使えるため、8,000円〜14,000円がタダで貰えるのと同じです。
クレジットカードを持ってないよという方は、mineoの申し込みと併せて、クレジットカードも作るとお得だと思います!

オススメは、やはり入会特典がめちゃくちゃ多いYahooJapanカードです。
mineo(マイネオ)の月額料金は2,000円程度なので、13,000円となると、

2,000円×6.5ヶ月=13,000円

ということで、月額料金6ヶ月半分が無料になるのと同じことになります。
口座振替を利用するために、eo光を契約したり、スルガ、楽天、ジャパンネット銀行の銀行口座を開設しても1円も貰えませんが、YahooJapanカードを作れば、13,000円です。
同じ手間をかけるなら、YahooJapanカードを作るほうが遥かにお得だと思います。

mineoの申込みにオススメなクレジットカードの要点整理
  • mineoの申込みにオススメなクレジットカードは、YahooJapanカード、リクルートカード、楽天カード
  • いずれのカードも申し込み時の入会特典が大きい
  • 特にオススメは入会特典で13,000円分のTポイントが貰えるYahooJapanカード

まとめ

1 mineoは代引きで申し込み可能?

mineoの申し込みは、原則クレジットカードのみです。
口座振替を利用するには、eo光(=固定回線)に申し込みをするか、スルガ、楽天、ジャパンネットの銀行口座を開設するかが必要です。

2 mineoで利用可能な支払い方法は?

mineoの申し込みは、原則クレジットカードのみです。
口座振替を利用するには、eo光(=固定回線)に申し込みをするか、スルガ、楽天、ジャパンネットの銀行口座を開設するかが必要です。

3 mineoをクレジットカード無しでも契約する裏ワザ!

mineoは代引き(代金引換)は利用不可です。
クレジットカードを利用できない方は、年会費無料・手数料無料で作れるデビットカードを作るという手もあります。

4 mineoは契約後にクレジットカード以外の支払方法に変更可能

mineoは契約後に、原則クレジットカード以外の支払方法に変更はできません。
ただし、eo光に契約されている方、スルガ、楽天、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は、クレジットカード⇒口座振替に支払い方法を変更可能です。

5 mineoでは利用できない支払い方法

mineoでは、auウォレットプリペイドカード、コンビニ払い、キャリア決済、の支払いは不可です。
mineoの支払い方法は、クレジットカード、口座振替のみです。

6 mineoの申込みにオススメなクレジットカード

mineoの申込みにオススメなクレジットカードは、YahooJapanカード、リクルートカード、楽天カードです。
いずれのカードの審査が緩く、申し込み時の入会特典が大きいです。
特にオススメは入会特典で13,000円分のTポイントが貰えるYahooJapanカードです。

mineo(マイネオ)では、SIMの契約もスマホの購入も、代引き(代金引換)ではできません。
mineo(マイネオ)に契約する場合、SIMカードの不正利用防止の観点から、本人名義のクレジットカードでの申し込みが必要ということになっていまう。
mineo(マイネオ)の契約時には、①本人確認書類と②本人名義のクレジットカードの2点によって、本人確認を行うというわけです。
ただ、代引き(代金引換)が利用できないからといって、100%クレジットカードが必要かというとそうでもありません。
mineo(マイネオ)では、

  • eo光に契約されている方
  • スルガ、楽天、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方

については、口座振替による支払いが可能です。
つまり、eo光というmineoを運営するケイ・オプティコムの固定回線に契約されている方や、スルガ、楽天、ジャパンネット銀行といった銀行の口座をお持ちの方は、例外的に口座振替によりmineo(マイネオ)に申し込みが可能となっています。

とはいえ、上記の2パターンに該当される方というのは、非常に少ないと思います。
なので、もしクレジットカードをお持ちの方は、別の方法で申し込もうとするよりも、普通にクレジットカードでmineo(マイネオ)に申込む方が、手間もかからずオススメです!

一番おトクなmineoの申し込みはこちら