1. ホーム
  2. ≫mineo(マイネオ)は対応端末が豊富

mineo(マイネオ)は対応端末が豊富


docomo、au、ソフトバンクユーザーの方が、格安スマホ(MVNO)に乗り換えようとした場合、どの端末でも格安スマホ(MVNO)で使える訳ではありません。
格安スマホ(MVNO)は、大手通信キャリアのdocomo、auから通信設備を借りて、サービスを提供していて、

・docomo系の格安スマホ(MVNO)→ドコモの端末
・au系の格安スマホ(MVNO)→auの端末

しか使えないんです。

格安スマホ(MVNO)には、

docomo系の格安スマホ(MVNO) DMMモバイル、iijmio、Biglobe、楽天モバイル、U-NEXT、b-mobile、so-net、OCNモバイルONE、NifMo、Freetel mobile、hi-ho等
au系の格安スマホ(MVNO) UQmobile等

などがありますが、例えばauのiPhoneを使っている方は、Docomo系の格安スマホ(MVNO)のDMMモバイルは使えず、au系の格安スマホ(MVNO)のUQmobileと契約する必要があります。
※ちなみに、ソフトバンクの場合も、店頭で「SIMロック解除」という手続きをすれば、一部機種では、端末そのままで、格安スマホ(MVNO)に乗り換えることが可能です。
その場合、au系ではなく、docomo系の格安スマホ(MVNO)を、利用する必要があります。

では、mineo(マイネオ)はどうかというと、他の格安スマホ(MVNO)が、対応端末がau系、docomo系と限られている中、mineo(マイネオ)は、対応端末の数が、格安スマホ(MVNO)でNo1なんです!

■当サイトが調べた一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

mineo(マイネオ)が対応端末が豊富な理由

l_020

mineo(マイネオ)は格安スマホ(MVNO)で対応端末数な理由は、mineo(マイネオ)が、docomo、auのどちらの端末にも対応しているマルチキャリアだからです。

動作確認端末は、docomo200機種、au50機種と2013年以降のdocomo、auで発売の端末なら、使えることが分かっています。

元々、mineo(マイネオ)は、au系の端末のみ利用可能だったんです。
au系の格安スマホ(MVNO)は、mineo(マイネオ)とUQmobileだけで、利用ユーザーもあまり多くなく、通信回線も空いていて、通信速度が速いと評判でした。
また、mineo(マイネオ)では、パケットを毎月無料で1GB分ゲットできる「フリータンク」や、mineo(マイネオ)ユーザー同士でパケットをシェアできる「パケットギフト」、家族みんながmineo(マイネオ)を使うとお得になる「家族割」など、他の格安スマホ(MVNO)にはない、お得なサービスがあり、auユーザー以外からもmineo(マイネオ)を使いたいという声が増え、2015年9月より、docomoユーザーも、mineo(マイネオ)のサービスが使えるようになりました。

他の格安スマホ(MVNO)がau系、docomo系どちらかの端末しか、使えない中、mineo(マイネオ)は、どちらのキャリアの端末でも、そのまま利用することができる格安スマホ(MVNO)なんです!

「au、docomoのどちらの端末も使えて、対応端末数が豊富のは分かったけど、対応端末が多いとお得なの?」

という所を突っ込んで説明していきたいとおもいます。

対応端末が多いとお得な理由を徹底解説

lgf01a201312050900

これからmineo(マイネオ)を使うには、大きく3つの方法があります。

①今のスマホをそのままmineo(マイネオ)のSIMを挿して使う
②端末を個別に購入して、mineo(マイネオ)のSIMを挿して使う
③mineo(マイネオ)のセット販売端末を購入する

格安スマホ(MVNO)の月額料金の大半を占める「端末代金」を低く抑えるなら、①今の端末をそのまま使うか、②端末を個別に購入する方法がオススメです!

対応端末が多いmineo(マイネオ)なら、どちらの場合も大変お得になるんです!

対応端末が豊富でお得な理由① 今の端末がそのまま使える!

auユーザー、docomoユーザーどちらのユーザーも使える、唯一の格安スマホ(MVNO)がmineo(マイネオ)です。
au、docomoのスマホをお持ちの方は、端末を買い換えずに、mineo(マイネオ)のSIMを挿して使うのが、一番安く格安スマホ(MVNO)を使う方法です。

MVNOは、端末を買い換えずに、そのまま使うのが一番お得

格安スマホ(MVNO)に乗り換えようとおもったら、端末も買い換える必要があると思っている方もいますが、対応端末の豊富なmineo(マイネオ)なら、端末そのままで格安スマホ(MVNO)に乗り換えれることが多いです。

スマホを開発しているメーカーの友人に聞いた所、au、docomoで販売されている端末は、3年間使えるように設計しているんです。
最近は安いスマホが沢山出てきたとはいえ、精密機器なのでそれなりの値段はします。
できることなら、今の端末をそのまま使って、SIMだけmineo(マイネオ)に乗り換えるのが一番お得です。

家族みんなでmineo(マイネオ)が使えてお得

mineo(マイネオ)はマルチキャリア対応で、対応端末も多いので、ご家族が元々docomo、auを使っている場合、家族みんなで端末を買い換えずに、mineo(マイネオ)に乗り換えることもできます。
他の格安スマホ(MVNO)だと、docomo、auどちらかにしか対応していないので、今の端末をそのまま使い続けようとおもったら、家族それぞれが、別々の格安スマホ(MVNO)を選ばないといけませんが、mineo(マイネオ)なら、家族みんなで同じ格安スマホ(MVNO)に乗り換えて、家族割引や家族間でパケットを分け合える「パケットシェア」を受けることができます。

家族割りは、例えば家族3人でmineo(マイネオ)に乗り換えると、一人当たり月々50円ずつ割引が受けられます。
パケットシェアは、家族で利用した当月のパケットの内、余った分を翌月みんなでシェアして使えるという仕組みです。
他の格安スマホ(MVNO)は、家族で割引を受けられる所がほとんどないので、家族で格安スマホ(MVNO)に乗り換えを検討している方には、mineo(マイネオ)がオススメです。

対応端末が豊富でお得な理由② 色んな端末を選べる

今使っている端末が古くなって、新しい機種に買い換えたい、という時にはAmazonなどで新しく端末を購入しましょう。
新機種を購入する場合、セット販売か、端末個別購入どちらかで端末を購入するのですが、端末を個別で購入した方が安くなることが多いです。

対応機種の豊富なmineo(マイネオ)は、選択できる端末が他の格安スマホ(MVNO)より多く、端末の自由度が広がります。

例えば、楽天モバイルではセット販売端末が半額50%オフ!といったセールをやっていて、もの凄くお得に見えますが、Amazonなどで端末を個別に購入すれば、簡単に50%オフの商品が見つかります。

個別購入の端末で、オススメの端末を一つ取り上げてみます。

auの2014年夏モデルの人気機種「AQUOS SERIE SHL25」ですが、格安スマホ(MVNO)のセット販売端末としては最上位のモデルです。
shl25-3
【スペック】
定価:50,400円
発売日:2014年6月13日
CPU: Qualcomm Snapdragon 801
OS:Android4.4(2015年12月に5.0にアップデート)
RAM:2GB
ROM:32GB
画面の大きさ:5.2インチ
メインカメラ:1,310万画素
サブカメラ:210万画素
特徴:テザリング、フルセグ、防水・防塵、おサイフケータイ

こちらの端末、セット販売ではなく、Amazonで個別に購入すると、半額の26,740円〜で購入できます。
新品ではありませんが、初期不良による返品を1ヶ月間受け付けてくれるので、安心です。

2万円台であれば、Zenfone2 SeflifeやP8liteなど、中華製のセット販売端末を売っている格安スマホ(MVNO)が多いですが、中華製の新品なら、国産の中古の方が品質は上です。
メーカーに勤めている部門の友人によると、中華製の端末は、国産に比べて1年間に故障する比率が2倍とのことです。

mineo(マイネオ)なら、対応端末約300モデルから選べます

mineo(マイネオ)では2016年2月時点で、以下スマホが動作確認されています。
最新情報はこちらをご覧ください。

mineo(マイネオ)では、docomo端末向けのDプランと、au端末向けのAプランがあります。
DプランはAndroidでテザリングができず、AプランはiPhoneでテザリングが出来ないので、iPhoneを使う方はDプラン、Androidを使う方はAプランがオススメです。

ただし、auモデルの、AQUOS Compact 【SH-02H】、AQUOS ZETA 【SH-01H】、AQUOS EVER 【SH-04G】、AQUOS ZETA 【SH-03G】、Nexus 5Xについては、Dプランでもテザリングが出来ます。

ちなみに、auの最新機種のHTC J butterfly【HTV31】、isai vivid 【LGV32】、GALAXY S6 edge 【SCV31】、AQUOS SERIE【SHV32】、Xperia Z4【SOV31】については、これらの設定をしても使えるようになりません。
事前にSIMロック解除の手続きが必要です。
SIMロック解除手続きはお近くのauショップに行くか、Webから申し込みが可能です。
docomoのAndroid端末はSIMロック解除不要で利用できます!

動作確認済みのiPhone

◆SIMフリー端末(Dプラン)

機種名 SIMカード種別 データ通信 090音声通話 テザリング 動作確認時のバージョン
Apple
iPhone 6s Plus nano iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 6s nano iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 6 Plus nano iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 6 nano iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 5s nano iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 5c nano iOS9.2.1
(13D15)

◆au端末(Aプラン)

機種名 SIMカード種別 データ通信 090音声通話 テザリング 動作確認時のバージョン
Apple
iPhone 6s Plus nano × iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 6s nano × iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 6 Plus nano × iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 6 nano × iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 5s nano × × iOS9.2.1
(13D15)
nano × iOS7.1.2
(11D257)
iPhone 5c nano × × iOS9.2.1
(13D15)
nano × iOS7.1.2
(11D257)

◆docomo端末(Dプラン)

機種名 SIMカード種別 データ通信 090音声通話 テザリング 動作確認時のバージョン
Apple
iPhone 6s Plus nano iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 6s nano iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 6 Plus nano iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 6 nano iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 5s nano iOS9.2.1
(13D15)
iPhone 5c nano iOS9.2.1
(13D15)

動作確認済みのAndroid

◆SIMフリー端末(Dプラン)

機種名 SIMカード種別 データ通信 090音声通話 テザリング
Acer
Liquid Z530 micro
ALCATEL one touch
IDOL 2 S micro
IDOL 3 【6045F】 micro
ASUS
ZenFone Selfie 【ZD551KL】 micro
ZenFone2 Laser 【ZE601KL】 micro
ZenFone2 Laser 【ZE500KL】 micro
ZenFone 5 【A500KL】 micro
ZenFone 2【ZE551ML】 micro
Covia
FLEAZ POP【CP-L42A】 micro
FleaPhone 【CP-F03a-KS】 標準
geanee
GM-01A micro
FXC-5A 標準
Google(HUAWEI)
Nexus 6P nano
Google(LG)
Nexus 5X nano
Nexus5 micro
Nexus4 micro
Google(Motolora)
Nexus6 nano
HTC
Desire 626 nano
Desire EYE nano
HUAWEI
P8max micro
P8 Lite 【ALE-L02】 micro
Ascend Mate 7 micro
Ascend P7 micro
Ascend G620S micro
Ascend G6 micro
KYOCERA
SKT01 micro
LG
G2 mini micro
Polaroid
PolaSma 標準
LINEAGE 【PRO5043POJ01】 標準
Research In Motion
BlackBerry Passport 【SQW-100-1】 nano
BlackBerry Classic 【SQC-100-1】 nano
UPQ
UPQ Phone A01 micro
プラスワン・マーケティング
Priori3 LTE 【FTJ152A】 micro
KATANA 01 【FTJ152E】 micro
SAMURAI KIWAMI micro
FREETEL SAMURAI MIYABI 【FTJ152C】 micro
freetel priori2 micro
freetel XM 【FT142D】 micro
freetel nico 標準
マウスコンピューター
MADOSMA 【Q501】 micro
SHARP
g04 【AQUOS SH-M02】 nano
AQUOS 【SH-M01】 micro
SONY
Xperia J1 Compact micro
VAIO
VAIO Phone micro
FUJITSU
arrows M02 nano
ARROWS M01 micro
ZTE
ZTE Blade V6 micro
g01 標準
g02 nano
g03 nano
ZTE Blade Vec 4G micro

◆au端末(Aプラン)

端末とSIM別々に買って、どうやって使いはじめるか不安な方もいるかもしれませんが、それほど難しくありません。
iPhone、Androidの設定は、それぞれ下記の操作をするだけです。

◆iPhoneの場合の使い方
mineo(マイネオ)のSIMが自宅に届いたら、端末にSIMを挿して、下記の構成プロファイルをインストールすれば、早速格安スマホ(MVNO)を使いはじめることが可能です。
iOSの構成プロファイル

◆Androidの場合の使い方
Android端末の場合は、構成プロファイルのインストールは不要で、SIMを挿入したら、設定からAPNの設定をします。
端末毎に設定方法が違うので、こちらをご確認ください。
docomoの方→APN設定方法
auの方→APN設定方法

まとめ

格安スマホ(MVNO)を選ぶ時に、一番重要なのが端末選びです。
格安スマホ(MVNO)No1の対応端末のmineo(マイネオ)なら、ハイスペックなモデルをセット販売端末の半額以下のお得な料金で購入することができます。
マルチキャリアなので、docomo、auユーザーどちらの方も、端末そのままで乗り換えることができて、家族で乗り換えても家族割やパケットシェアなど、族みんながお得になるキャンペーン、仕組みが盛りだくさんです。

下記でも詳しい説明がありますので、ぜひぜひ見てみてください。

一番おトクなmineoの申し込みはこちら