1. ホーム
  2. 新規契約・MNP(機種変更)
  3. ≫mineo(マイネオ)は店舗・量販店で新規契約/MNPは損!!オンライン/Web申し込みと比較したメリット・デメリット

mineo(マイネオ)は店舗・量販店で新規契約/MNPは損!!オンライン/Web申し込みと比較したメリット・デメリット


mineo(マイネオ)には、申し込みが可能な店舗が、全国あります!
ですが、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリア(MNO)と違い、店舗数は限られていて、即日開通ができるmineo(マイネオ)の店舗は、東京を中心に約20店舗のみです。
また、仮に自宅の近くに店舗があったとして、移動時間や待ち時間を考えると、やはりオンラインショップから申し込む方が、手続きが格段に早く終わるため、オススメです!

当サイトが調べた一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

ちなみに、mineo(マイネオ)の店舗の中には、mineoサポート店という店舗が、全国に100店舗ほどあります。
100店舗もあるんだったら、自宅の近くにも店舗があるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、実はこのmineoサポート店、「オンラインショップでの申し込み」をサポートしてくれるだけの店舗なんです。
わざわざ店舗まで移動して、店舗での待ち時間も我慢して、結局、オンラインショップから申し込むなんて、正直、かなり時間がもったいないです。
オンラインショップの申し込みなら、自宅で簡単にできます。

オンラインショップであれば、申し込みにかかる時間は30分程度。
最寄りの店舗に移動している間に、申し込みを完了させることは全然可能なので、お忙しい方こそ、オンラインストアでの申し込みはオススメです!

mineo(マイネオ)は店舗での申し込みは可能?

mineo(マイネオ)には、東京を中心として全国に20店舗ほど店舗があり、ドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリア(MNO)と同じように、店舗での申し込みが可能です。
店舗での申し込みの場合、オンラインストアから申し込む場合と違って、店舗に行ったその日に、SIMカードやスマホを受け取ることができます。
店員さんに、初期設定をしてもらったり、分からないことをいろいろ聞けたりするので、Webより店舗での申し込みの方が、安心感があってよいという方も多いと思います。
ということで、

  • mineoショップ【直営店】
  • mineo販売店【量販店】

の二つ店舗について、詳しく見ていきたいと思います。

mineoショップ[直営店]

mineo(マイネオ)には、mineoショップというmineoの直営店があります。
mineoショップは、mineo(マイネオ)以外の商品が置いておらず、SIMもスマホもすべてmineoのもので、店員さんもmineoのスタッフです。
ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア(MNO)の携帯ショップに当たるのが、このmineoショップです。

mineoショップでできること

mineoショップでできることは、以下の3つです。

  1. mineoのSIMの契約
  2. mineoの商品の購入
    (エントリーパッケージ、プリペイドパック、海外用プリペイドSIM
    、Prepaid SIM for JAPAN Travel、mineo端末の購入)
  3. mineo端末の初期設定

mineoのSIMを契約したり、スマホ本体を購入したり、初期設定をしてもらったりと、mineo(マイネオ)を使い始めるのに必要なことは、一通りやってくれます。
ただし、契約変更・解約・利用料金の支払い・端末修理については、店舗では受け付けていないので注意してください。

【エントリーパッケージって何?】

ちなみに、エントリーパッケージとは、契約時の事務手数料が割引になるクーポン券のようなもので、mineoショップで購入することができます。
そして、購入したエントリーパッケージは、mineoショップで申し込む際に、利用することができます。

mineo(マイネオ)のエントリーパッケージについては、以下でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

【参考記事】mineo(マイネオ)のエントリーコードで事務手数料を無料にする裏ワザ!実はエントリーパッケージですら無料で入手することも可能!?

mineoショップのある場所

mineoショップは、東京、大阪、神戸、名古屋にあり、合計で6店舗あります。
ドコモの店舗数が、2,000店舗を超えることを考えると、mineoの直営店の数は、非常に限られていると言えます。
各店舗の営業時間や住所などは、以下の通りです。

mineo渋谷
  • 営業時間: 10:00~20:00
  • 定休日: 毎月第3木曜日/年末年始(12月31日~1月3日)
  • 所在地: 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町21-9 渋谷平和クワトロビル
  • 電話番号: 050-7102-8788
mineo大阪
  • 営業時間: 10:00~20:00
  • 定休日: 毎週水曜日(祝日の場合は翌平日)/年末年始(12月29日〜1月3日)
  • 所在地: 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪 北館3階
  • 電話番号: 050-7102-8788
mineoショップなんば 2017/9/1 OPEN
  • 営業時間: 11:00~20:00
  • 定休日: 年中無休・指定日を除く
  • 所在地: 〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4-15-18 2F
  • 電話番号: 050-7102-8788
mineoショップ神戸
  • 営業時間: 10:00~20:00
  • 定休日: 毎月第3水曜日/年末年始(12月31日~1月3日)
  • 所在地: 〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3丁目1番9号セリザワビル
  • 電話番号: 050-7102-8788
mineoショップ秋葉原
  • 営業時間: 11:00~20:00
  • 定休日: 年中無休・指定日を除く
  • 所在地: 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-13-3 TK西館2F
  • 電話番号: 050-7102-8788
mineoショップ名古屋
  • 営業時間: 11:00~20:00
  • 定休日: 年中無休
  • 所在地: 〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-12-35 グッドウィルEDM館 1Bフロア
  • 電話番号: 050-7102-8788
mineoショップ浜松 2017/10/6 OPEN
  • 営業時間: 10:00~22:00
  • 定休日: 年中無休
  • 所在地: 〒432-8069 静岡県浜松市西区志都呂二丁目37番1号 イオンモール浜松志都呂 専門店街 1階
  • 電話番号: 050-7102-8788

なお、当日中に契約したSIMカード/スマホを受け取るには、平日18:00/土日祝日17:00までに、店舗に行く必要があります。
平日18:00/土日祝日17:00を過ぎると、受け取りは翌日以降になってしまうので、注意してください。

mineo販売店[量販店]

mineo(マイネオ)には、mineo販売店といって、ヨドバシカメラやイオンなどの量販店の中に、新規契約/MNPのみを対応しているところがあります。
mineo販売店とは、ドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリア(MNO)の携帯ショップではなく、ヨドバシカメラなどの量販店の中にある携帯売り場のことです。

mineo販売店でできること

mineo販売店は、mineoのショップと違って、端末の購入や初期設定のサポートには対応しておらず、mineoのSIMの契約のみを行える店舗になっています。

ヨドバシカメラなどの量販店にある携帯売り場の一つが、mineo販売店になっているので、他の格安SIM(MVNO)と見比べられるというメリットはあります。
でも、mineo販売店の店員さんはmineoのスタッフの方ではなく、量販店のスタッフの方です。
なので、mineoのことについては、パンフレットを読めば分かるような知識しか、持っていないことが多いです。

mineo販売店のある場所

mineo販売店は、東京を中心にして以下の13店舗があります。
mineo販売店は、兵庫県の姫路のイオン以外は、すべてヨドバシカメラの中にあります。
mineo(マイネオ)の直営店のmineoショップと比べると、店舗数は多いですが、ドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリア(MNO)と比べると、店舗数はとても少ないのが現状です。

なお、mineo(マイネオ)の事務手数料を無料にするためのエントリーパッケージについては、以下の量販店でも販売されています。
以下の量販店で購入できるのは、エントリーパッケージのみで、mineoの契約や端末の購入などはできないので注意してください。

また、mineo販売店では、エントリーパッケージは購入できるのものの、契約時にエントリーパッケージを利用することはできないので注意してください。

mineo(マイネオ)の店舗での申し込みに必要な書類

続いて、mineo(マイネオ)の店舗で申し込みをする際に、必要な書類について見ていきたいと思います。
持ち物を忘れると、せっかく店舗まで行ったのに、家まで取りに帰らないといけないこともあるので、気をつけましょう。

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレス
  • eoID、eoIDパスワード
  • MNP予約番号

クレジットカード

まず、絶対忘れてはならないのが、クレジットカードです。
クレジットカードは、本人名義のものが必ず必要で、普段旦那さんのクレジットカードで買い物をしているからといっても、自分の名義と違う方のカードだと使えないので注意してください。

本人確認書類

そして、もう一つ重要なのが、本人確認書類。
本人確認書類は、以下のものが利用できます。

運転免許証、パスポート、被保険者証(健康保険証、国家公務員・地方共済組合員証、私立学校教職員共済加入者証)、顔写真付き住民基本台帳カード、個人番号カード、共済組合員証、在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書、身体障害者手帳

上記の本人確認書類に記載されている住所と、現在住んでいる住所が異なる場合は、

公共料金領収書、届出避難場所証明書

が補助書類として、別途必要です。
公共料金領収書は、水道、ガス、電気のいずれかの領収書で、発行日から3ヶ月以内のものを準備しましょう。

メールアドレス

手続きをスムーズに済ませるために、利用可能なメールアドレスも準備しておきましょう。
メールアドレスは、プロバイダメール、Gmailなどのフリーメール、docomo.ne.jpなどの大手キャリア(MNO)のケータイメールなんでも大丈夫です。
申し込みが完了すると、メールアドレス宛てに、申し込みの完了メールが届きます。
メッセージは受け取れても、LINEやFacebookは利用できないので、必ずメールアドレスを準備するようにしましょう。

eoID/eoIDのパスワード

mineo(マイネオ)の運営元のケイ・オプティコムのサービスを利用している方や、mineo(マイネオ)をすでに契約されている方は、eoIDやeoIDのパスワードを準備しましょう。
mineo(マイネオ)を新規に契約する際に、利用しているeoIDを使って申し込みをすると、支払いの情報を一括で確認できて便利です。

MNP予約番号

MNP予約番号は、今利用している携帯電話の電話番号を、そのままmineo(マイネオ)でも利用したい場合に必要になります。
MNP予約番号は、以下に電話をすると、取得できます。

  • ドコモユーザー:ケータイから151/一般電話から0120-800-000
  • auユーザー:0077-75470へ電話(ケータイ/一般電話共通)
  • ソフトバンクユーザー:ケータイから*5533/一般電話から0800-100-5533

なお、MNPでmineo(マイネオ)に乗り換える場合、MNP前後で名義が違うと、mineo(マイネオ)に契約することができません。
契約名義を変更する場合は、利用中の携帯電話会社で名義を変更してから、MNPで乗り換えるようにしましょう。

スマホアドバイザー

eoID/eoIDパスワードはなくても契約できますし、メールアドレスやMNP予約番号は時間はかかりますが、最悪その場でも発行することができます。
しかし、メールアドレスや本人名義のクレジットカードを忘れると、確実に契約が不可能になるので、特に気をつけてください。

mineo(マイネオ)を店舗で申し込むメリット

近くにmineoショップやmineo販売店があるという方は、Webで申し込むか、店舗で申し込むか迷われているかもしれません。
まずは、mineo(マイネオ)を店舗で申し込むメリットについて、見ていきましょう。

即日開通ができる

mineo(マイネオ)をWebで申し込むと、申し込んでからSIMカードやスマホが到着するまで、どうしても1〜2日はかかってしまいます。
店舗で申し込めば、申し込んだその日に、SIMカードを開通させて、すぐにmineo(マイネオ)を使い始めることができます。

初期設定のサポートが受けられる

渋谷、神戸、秋葉原、大阪、名古屋にあるmineoショップ限定ですが、店舗で申し込みをすると、mineo(マイネオ)のSIMカードをスマホに取り付けて、ネットが使えるようにしてくれます。
ただし、初期設定といっても、電話帳の移行や、データのバックアップなどは対応してくれず、自分でする必要があるので注意してください。

スマホが試せる

こちらも、mineoショップ限定ですが、店舗では、実際にスマホを触って、通信速度や操作反応を確かめることができます。
スマホを購入したけど、思ったのと色の感じがちょっと違ったとか、思ったより小さすぎたり、大きすぎたりということはあるので、実際のスマホを手に取って確かめられるのは、店舗ならではのメリットです。

予約ができる

こちらも、mineoショップ限定になりますが、店舗に行く時間を予約しておくことで、待ち時間をかけることなく、手続きが可能になります。

上記はmineo渋谷の予約の空きスケジュールですが、平日だとわりと空いています。
事前にWeb上から空き状況が確認できるので、混雑時を避けて、申し込み手続きをすることができます。

スマホアドバイザー

店舗で契約すると、分からないことを対面で聞きながら、契約できます。
なので、格安スマホ(MVNO)にするのが初めてという方には、分からない点などを確認しながら、申し込みができるのは、安心感があるかもしれませんね。

mineo(マイネオ)を店舗で申し込むデメリット

一方、店舗のデメリットももちろんあります。
店舗は、分からないことを聞いたり、スマホを操作してみたりという使い方はできますが、申し込みも店舗でした方がよいかというと、必ずしもそうとも言えません。

店舗数が少ない

全国で2,000店舗もあるドコモショップなどと違い、mineo(マイネオ)の申し込みができる店舗数は、直営店、量販店合わせて約20店舗です。
そのため、自宅の近くに店舗がないという方も多いと思います。
遠方の店舗だと、そもそも行くのが面倒ですし、移動費用もかかります。
また、自宅付近と通信状況が違うため、店舗でスマホを試す意味があまりなかったりもします。
店舗では通信速度が速くても、実際に自宅やその付近で使ってみたら、通信速度が遅かったり、電波が繋がりづらいということもあるためです。
せっかくmineoの店舗があっても、自宅の近所になければ、あまり意味がないです。

待ち時間がかかる

ドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリア(MNO)の携帯ショップを思い浮かべて頂くと分かると思いますが、店舗で手続きをするには待ち時間がかかります。
たしかにmineo(マイネオ)の店舗は、平日は比較的空いているところが多いですが、平日は、お仕事などで行けないという方がほとんどだと思います。
すると必然的に、土日祝日に、お客さんが集中します。

ちなみに、上記は、mineo大阪の予約状況ですが、日曜に空きが一つもありません。
予約なしで店舗に行った場合でも、申し込み可能ですが、

  • 待ち時間→1時間
  • 手続きを開始してからSIMカードを受け取るまで→1時間半

くらいの時間は、それぞれかかり、移動時間も含めると、半日仕事になってしまうのが普通です。

では、平日の仕事帰りはどうかというと、店舗での受付が、平日18:00/土日祝日17:00を過ぎると、SIMカードの受け取りは翌日以降になります
つまり、平日の仕事帰りに行くと、店舗に2回も行かないといけないということになってしまいます。
とにかく時間がかかってしまうのが、店舗のデメリットです。

代理での申し込みができない

店舗では、必ず、契約者本人がお店に行かないと、契約ができません。
ドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリア(MNO)だと、委任状を契約者本人に書いてもらえば、代理の方でも申し込みが可能ですが、mineo(マイネオ)の店舗では、代理の方の申し込みは受け付けてくれません。
普段仕事で忙しいから、家族の誰かにお願いして、契約しておいてもらうということはできません。

料金が割高になる場合がある

mineo(マイネオ)の店舗は、ボランティアでやっているわけではなく、店員さんには、売上ノルマがあります。
そのため、店舗で申し込むと、余計なオプションを無理やり付けられることがあります。
しかも、「店舗で申し込むには、このオプションを付けておくのがルールになっています」といって、自動的にオプションを付けられることもあり、知らず知らずの内に、通常よりも料金が上がってしまうということも。
何も知識がない状態で、店舗で申し込みをするのは、店員さんに言いくるめられる可能性があるのであまりオススメしません。

スマホアドバイザー

店舗での申し込みは、待ち時間がかかったり、余計なオプションによって割高になったりするデメリットがあります。
実は、Webからの申し込みだと、待ち時間や余計なオプションといった問題は一切なくなります。
時間もお金も節約するなら、店舗よりもWebでの申し込みの方がオススメです。

mineo(マイネオ)をWebで申し込むメリット

近くにmineoの店舗がない方、もしくは、忙しくてなかなかmineoの店舗行く時間がないという方は、Webでの申し込みがオススメです。
mineo(マイネオ)のWebでの申し込みのメリットには、以下のようなものがあります。

手続きがすぐ終わる

mineo(マイネオ)のオンラインショップからの申し込みは、待ち時間は一切なく、24時間365日申し込みが可能です。
mineo(マイネオ)の店舗は20時ごろには閉まってしまうので、普段、お仕事やプライベートで忙しい方も、オンラインストアなら、ちょっとした隙間時間に申し込みが可能です。
しかも、手続きにかかる時間は、30分程度です。

直営店のmineoショップでは、上記のようにWeb上で、氏名やメールアドレス、電話番号などを入力して、予約を取ることができます。
でも、オンラインショップでの申し込みも、やることはそれほど変わらず、予約を取る時間があるなら、オンラインショップから申し込みをしてしまった方が、早いかもしれません。

mineo(マイネオ)のオンラインショップで申し込みをする方法については、以下で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

【参考記事】mineo(マイネオ)の申し込み方法を一番わかりやすく徹底解説!

空白期間なしで即日開通できる

実はmineo(マイネオ)のオンライショップからの申し込みでも、即日開通はできます。
たしかにWebからの申し込みだと郵送期間はありますが、郵送中に勝手に、今利用している携帯電話の通信が止まって、mineo(マイネオ)のSIMに切り替わるということはありません。
なので、MNPでmineo(マイネオ)に申し込みをした場合でも、いわゆる空白期間(不通期間)というものは存在しません。
mineo(マイネオ)のSIMカードをスマホに挿して、初期設定を行えば、30分くらいすると、利用中の携帯電話が使えなくなって、mineo(マイネオ)のSIMで通信ができるようになります。

オンラインショップで申し込みをした後、1〜2日待ちさえすれば、携帯電話が使えなくなる期間なく、すぐにmineo(マイネオ)を使い始めることができるんです。

代理での申し込みができる

店舗では、代理の方の申し込みはできません。
しかし、mineo(マイネオ)のオンラインショップなら、Web上から申し込みをするため、他の人が代理で申し込みをすることも、できなくはありません。
もちろん、表向きは契約者本人が、パソコンやスマホを使って、申し込みをする必要があることになっていますが、

  • 自分のクレジットカード
  • 自分の運転免許証や保険証、パスポートなど

を、家族に渡しておいて、申し込んでおいてもらうことは可能です。

また、店舗の場合、18歳、19歳の未成年の方がmineo(マイネオ)に申し込みをする場合、保護者が一緒に店舗に行く必要があり、これがわりと面倒です。
でも、オンライショップなら、上記の「上記事項に同意する」という部分にチェックを入れれば、18歳、19歳の未成年の方でも契約者になることができます。
18歳、19歳の未成年の方でも、単にチェックを入れるだけで、mineo(マイネオ)に契約できるので、ほとんど手間がかかりません。

mineo(マイネオ)をWebで申し込むデメリット

一方、mineo(マイネオ)を、Webで申し込むデメリットももちろんあります。
なんとなくWebで申し込みは、難しそう、面倒くさそうというイメージがあるかもしれないので、その辺りについて見ていきたいと思います。

手続きが難しそう

Webでの申し込みが初めてという方にとっては、手続きが難しそうに感じられる方が多いと思います。
たしかに、店舗だと、聞かれた内容に沿って進めていけば、勝手に契約ができるので、手続きが簡単に思えるかもしれません。

ですが、Webの申し込みでも、全く誰にも質問できないわけではありません。
申し込み画面の右下に、上記のようなチャット窓口が出て来るので、分からないことがあれば、上記で質問しながら申し込みができます。
チャットの受付時間は、9:00 〜 21:00で年中無休でやっています。

なお、Webでの申し込みの場合、本人確認書類は、原本ではなく、スマホなどで撮った画像をアップロードすることになります。
本人確認書類の画像のアップロードについて、ちょっと難しいなと思われた方は、以下を参考にしてみてください。

【参考記事】mineo(マイネオ)の契約の際の本人確認書類とアップロード方法を徹底解説!

初期設定のサポートが受けられない

mineo(マイネオ)の直営店のmineoショップでは、初期設定のサポートが受けられますが、Webからの申し込みでは、初期設定を一人でやる必要があります。

といっても、mineo(マイネオ)にはご利用ガイドといって、めちゃくちゃ分かりやすい説明書が同梱されているので、初期設定はそれほど難しくありません。

また、mineoショップで初期設定のサポートを受けられるのは、スマホとセットで契約した方のみです。
つまり、SIMカードのみを契約した方は、店舗でもWebでも、初期設定は結局自分でやる必要があります。
初期設定の内、SIMカードをスマホに挿して、ネットに繋ぐところまでは、上記のご利用ガイドを見れば、一人でも簡単にできると思います。

あと、電話帳の移し替えなどのデータ移行についても、店舗ではサポートしてくれません。
データ移行は、以下を参考にしてやれば、一人でもできると思います。

【参考記事】mineo(マイネオ)乗換え前に知りたい電話帳や写真のデータ移行!iPhone/Androidで使える機種変更(MNP)の際の裏技!

受け取りに時間がかかる

Webから申し込むと、すぐにmineo(マイネオ)を使い始められないと思われる方も多いと思います。
たしかに、mineo(マイネオ)の公式サイトには、申し込みからSIMカート到着までにかかる時間が、1週間程度と書かれています。
ですが、実際は、年末年始など一部の時期を除いて、そこまで時間はかかりません。
mineo(マイネオ)のオンラインショップから申し込みをすると、大体以下のような流れで、mineo(マイネオ)を使い始めることができます。

  • 当日:mineoオンライショップで申し込み
  • 1日後:mineoのSIMカード/スマホが発送
  • 2日後:mineoのSIMカード/スマホが到着
  • 2日後:mineoのSIMカードをスマホに挿して利用開始

mineo(マイネオ)の申し込みから到着までの流れや日数について、もう少し詳しく知りたい方は、以下を参考にしてみてください

【参考記事】mineo(マイネオ)のSIM発送から到着までの流れと日数!MNPに必要な準備書類から開通手続き、課金開始タイミングのまとめ!

mineoサポート店とは?

mineo(マイネオ)の店舗の中には、直営店のmineoショップ、量販店のmineo販売店の他に、もう一つmineoサポート店というものがあります。
実は、このmineoサポート店、全国で100店舗以上あり、自宅の近くにあるという方もいらっしゃるかもしれません。

mineoサポート店でやってくれること

mineoサポート店でやってくれることは以下の通りです。

申し込みサポート
  • エントリーパッケージの販売
  • 店頭での申込受付
初期設定サポート
  • SIMカードの差し替え
  • @mineo.jp初期メールアドレス変更
  • 標準メールアプリ設定
    (@mineo.jpメールアドレス1個)
追加有料サポート
  • 電話帳移行
  • データ移行
  • 訪問サポート

mineoサポートは、サポート内容がかなり充実しているように見えるかもしれません。
でも、mineoサポートでは、店舗で即日開通することはできません。
というのも、mineoサポートで、サポートしてくれるのは「mineoのオンラインショップで申し込み」をサポートしてくれるだけだからです。
つまり、mineoサポート店に行っても、結局SIMカードが届くのは後日になります。
わざわざ、店舗まで行っても、結局オンラインストアから申し込むことになるわけなので、チャットのサポートを受けながら、自宅でWebから申し込みをするのと大差ありません。

スマホアドバイザー

初期設定サポートは、通常1,000円かかりますが、mineo(マイネオ)のスマホをセットで購入した場合は、無償で初期設定のサポートが受けられます。
mineo(マイネオ)のオンラインショップで、スマホを購入された方は、初期設定サポートだけ利用するというのもよいかもしれません。

mineoサポート店の場所

mineoサポート店の場所はこちらから確認できます。
なお、mineoサポート店は、以下の代理店が行っています。

  • パソコン工房・グッドウィル・BUYMORE秋葉原(全国69店舗。うち関西16店舗)
  • ドクター・ホームネット(全国12店舗。うち関西3店舗)

まとめ

1 mineo(マイネオ)は店舗での申し込みは可能?

mineo(マイネオ)では店舗でも、

  • mineoショップ【直営店】
  • mineo販売店【量販店】

のいずれかで、申し込みが可能です。

2 mineo(マイネオ)の店舗での申し込みに必要な書類

mineo(マイネオ)の店舗では、以下の持ち物を準備しましょう。

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレス
  • eoID、eoIDパスワード
  • MNP予約番号

特に、本人名義のクレジットカードと本人確認書類を忘れると、家に取りに帰る羽目になってしまうので、気をつけてください。

3 mineo(マイネオ)を店舗で申し込むメリット

mineo(マイネオ)の店舗で申し込むメリットは以下の4点です。

  • 即日開通ができる
  • 初期設定のサポートが受けられる
  • スマホが試せる
  • 予約ができる

やはり、分からないことを聞けたり、スマホを実際に触って試せるのは安心感があります。

4 mineo(マイネオ)を店舗で申し込むデメリット

一方、mineo(マイネオ)を店舗で申し込むデメリットには、以下のようなものがありまう。

  • 店舗数が少ない
  • 待ち時間がかかる
  • 代理での申し込みができない
  • 料金が割高になる場合がある

店舗での申し込みだと、待ち時間や、余計な料金がかかってしまう場合があります。

5 mineo(マイネオ)はWebで申し込むメリット

mineo(マイネオ)をWebで申し込むメリットには、以下のようなものがあります。

  • 手続きがすぐ終わる
  • 空白期間なしで即日開通できる
  • 代理での申し込みができる

Webでの申し込みだと、待ち時間がなく、手続きが早く終わります。

6 mineo(マイネオ)をWebで申し込むデメリット

一方、mineo(マイネオ)をWebで申し込むデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 手続きが難しそう
  • 初期設定のサポートが受けられない
  • 受け取りに時間がかかる

しかしながら、mineo(マイネオ)のWebからの申し込みは、チャットサポートが充実しており、初期設定も同梱のご利用ガイドをを使えば難しくありません。
また、公式サイトには郵送に1週間かかると書かれていますが、実際は1〜2日で到着します。

7 mineoサポート店とは?

mineo(マイネオ)の店舗には、直営店のmineoショップ、量販店のmineo販売店の他に、mineoサポート店があります。
しかし、このmineoサポート店は、mineoのオンライショップの申し込みをサポートしてくれるだけで、即日開通には対応していません。

mineo(マイネオ)は、店舗での申し込みが可能です。
しかし、申し込みが可能な店舗の数は、大手キャリア(MNO)に比べてかなり少なく、最寄りに店舗がないという方も多いと思います。
また、店舗が近くにあっても、待ち時間や手続きにかかる時間は意外と長く、移動時間を含めて考えると、ほぼ半日仕事になることが普通です。
Webからの申し込みだと、30分程度で終わるので、忙しくて時間のない方ほど、オンラインショップでの申し込みがオススメです。

一番おトクなmineoの申し込みはこちら