1. ホーム
  2. ≫mineo(マイネオ)のエントリーコードで事務手数料を無料にする裏ワザ!実はエントリーパッケージですら無料で入手することも可能!?

mineo(マイネオ)のエントリーコードで事務手数料を無料にする裏ワザ!実はエントリーパッケージですら無料で入手することも可能!?


mineo(マイネオ)の申し込みのとき、エントリーコードをAmazonやヨドバシカメラで買ってそれを入力するだけで、事務手数料が無料になるおトクな裏ワザがあるのをご存知ですか?

せっかく格安スマホ(MVNO)にするんだから、1円でも安く申し込みたいですよね。
そんな1円でも安く申し込みたいという方に、今回1円でも安くするエントリーコードを活用した裏ワザを紹介していきます!

53484906_480x299

当サイトが調べた一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

冒頭でついつい言っちゃったので、もう早速タネ証をしますが、今回ご紹介する裏ワザは、

「Amazonやヨドバシカメラで、エントリーコードを1,000円程度で購入して、mineo(マイネオ)の申し込みの際にそのコードを使う」

というものです。
mineo(マイネオ)に申し込みの際にに一手間かけるだけで、たったひと手間かけるだけで、事務手数料3,300円が無料になるんです。
あまり知られていないですが、本当にたったひと手間かけるだけです!
Amazonの口コミなどを見ても、

「純粋に、得にしかならないから、エントリーコードを使わないと損!」

というような意見が多く書かれています。
このエントリーコードを使った裏ワザを知っている人は、みんな実際にやって、こんなレビューをamazonに残しています。
ホントにできるんですよ、たったひと手間で。

「さっきからひと手間ひと手間いうてるけど、ひと手間ってどれだけの手間やねん!」

ひと手間がめんどくさいとたった事務手数料無料くらいじゃわりにあいません。
安心してください、全然めんどくさくないです。
エントリーコードをAmazonなどの通販サイトで買えば、早い方で1分です。
Amazonでの購入に慣れていなくても15分程度もあれば購入自体は完了し、後は1〜2日程度エントリーコードが届くのを待ってください。
そのエントリーコードを、単純に申し込みする際に打ち込むだけです。

たったこれだけの労力で、「事務手数料3,300円」-「エントリーコード購入費用1,000円」の差額分の約2,000円程度を節約できるんです。
確かに、エントリーコードが届くまで待つ必要はありますが、実際の作業は1~15分。
仮に慣れていなくてエントリーコードの購入に15分かかったとしても、時給換算すると時給8,000円のバイトを15分したイメージです。

この記事はこんな方にオススメです!
  • mineoのエントリーコードがどういうものなのかを知りたい方
  • mineoのエントリーコードを購入場所や使い方について知りたい方
  • mineoのエントリーコードを無料で入手する方法について知りたい方

Contents

そもそもエントリーコードって?

そもそもエントリーコードって何かよくわからないですよね。
私も実際にやってみようと思っていろいろぐぐったのですが、結局わかりにくいので、実際にamazonで購入してみました。

エントリーコードとは、以下の紙の赤枠部分のような、16桁のアルファベットと数字の組み合わせのことです。
このコードをAmazonやヨドバシカメラで1,000円程度で購入します。
SIMみたいにいろいろ台紙とかそれなりのものが届きますが、結局番号だけです。

【エントリーコード】

mineo_entrypack_choice

エントリーコード購入後、こちらのエントリーコードを使った申し込みができるmineo(マイネオ)の申し込み画面に行きます。
あとは、普通にmineoの申し込み手続きをするだけです。
通常の申し込み手続きの際に、最初にエントリーコードを持っているかどうか聞かれるので、そのときにエントリーコードを入力します。
それで終了です。
ほかにめんどくさい情報入力とか一切ありません。
申し込みの際に、1回番号を入力するだけです。

【mineo(マイネオ)申し込み画面】

エントリーコードは、新規契約/MNP、SIMカードのみ/SIMカード+端末とセットいずれの契約方法でも、利用可能です。
また、機種変更ではエントリーコードは利用できませんが、機種変更ではそもそも事務手数料が不要なので、エントリーコードを利用する必要もないです。

適用条件

mineo(マイネオ)のエントリーコードは、mineo(マイネオ)にこれから契約する方であれば、契約方法やタイプ、料金プランに関係なく、どのような場合でも利用可能です。

  • 契約方法⇒新規、MNPどちらも利用可能
  • SIMカードの機能⇒音声SIM、データSIM(SMSあり/なし)いずれも利用可能
  • 端末購入⇒SIMのみ、SIM+端末とセットどちらの契約でも利用可能
  • タイプ⇒Aプラン(au網)、Dプラン(docomo網)どちらも利用可能
  • 料金プラン⇒いずれのプランでも利用可能
  • SIMカードのサイズ⇒標準SIM、microSIM、nanoSIMのみ利用可能

というわけで、エントリーコードは、これからmineo(マイネオ)に契約される方であれば、どなたでも利用可能です。
機種変更される方など、すでにmineo(マイネオ)に契約されている方については、エントリーコードは使えないので注意してください。

購入する際に必要なもの

エントリーコードには、SIMなどは入っていないので、本人確認書類のような契約に必要な書類は一切必要ありません。
通販で日用品を買うようなイメージで、気軽に買えます。

有効期限

エントリーコードは有効期限がないので、mineo(マイネオ)に申し込むのであれば、せっかく買ったエントリーコードが期限切れで無駄になってしまった、ということはありません。
原則エントリーコードは上記のサイトやショップで購入するものなのですが、公式ホームページによると、「キャンペーンなどで発行したエントリーコードについては、有効期限を設定している場合がある」とのことです。
その場合は、エントリーパッケージに有効期限が書いてあるので、それまでにエントリーコードを使って申し込みを完了させてください。

ただし、mineo(マイネオ)の長期利用特典「ファン∞とく」の特典の一つでプレゼントされるエントリーコードには、エントリーコードの有効期限が1年と定められています。
メルカリやヤフオクで出品されているエントリーコードの中には、長期利用特典「ファン∞とく」の特典でプレゼントされたエントリーコードを、出品されている方もいます。
メルカリやヤフオクで個人の方からエントリーコードを購入する場合については、エントリーコードの有効期限切れに注意しましょう。

SIMカードは入っていない

エントリーパッケージには、SIMカードは入っていないです。
エントリーパッケージの中を開くと、上記の赤枠の部分に、「xx-xxxx-xxxx-xxxx」という半角英数のエントリーコードが書かれてあるのですが、このクーポンコードをもらうためだけに、エントリーパッケージを購入するんです!
エントリーパッケージは、SIMカードが入っていたり、パッケージを購入しただけで契約がされてしまったりすることはなく、タダの紙切れなので気軽に購入して大丈夫です。

エントリーコードを使った申し込みができるのはこちらのmineo

そもそもエントリーコードとはの要点整理
  • エントリーコードとは、16桁のアルファベットと数字の組合せ
  • Amazonやヨドバシカメラで購入できる
  • 購入したエントリーコードを、mineoの申込画面で入力すると、事務手数料が無料になる
  • mineoのエントリーコードに有効期限は基本的にはない
  • エントリーコードを購入する際に、必要書類は不要
  • Amazonや楽天で買い物をする感覚で気軽に購入できる

エントリーコードのメリット

mineo(マイネオ)のエントリーコードのメリットには、以下の4点があります。

  1. 事務手数料が割引になる
  2. 審査落ちしても再利用は可能
  3. 購入しても契約完了とはならないので安心
  4. 複数回線契約の際は使えば使うほどお得

事務手数料が安くなることは分かったけど、審査落ちしたらどうなるのといった質問や、複数回線契約したらどうなるのといった質問が多く寄せられるので、その辺りも詳しく解説していきます!

事務手数料が割引になる

mineo(マイネオ)のエントリーパッケージは、mineo契約時にかかる初期費用(事務手数料)が無料になるクーポン券です。
エントリーパッケージを利用して申し込むと、mineo(マイネオ)に契約する際にかかる初期費用(事務手数料)が無料になるんです。

  • 初期費用(事務手数料):3,300円⇒無料
  • SIMカード発行手数料:プランD440円(税込)、プランA440円(税込)

mineo(マイネオ)に契約する際には、初期費用とSIMカード発行手数料の2種類の手数料がかかりますが、エントリーパッケージを利用すると、この内、初期費用(事務手数料)が無料になります。
エントリーパッケージは、何かのキャンペーンとかでもらえるものではなくて、Amazonやビックカメラなどでお金を払って購入します。
クーポン券を購入するというのもなんか変な感じがしますが、結構、格安SIM(MVNO)ではエントリーパッケージといった名前でクーポン券を販売している業者も多く、mineo(マイネオ)でもクーポン券が使えるんです。

審査落ちしても再利用は可能

エントリーコードは1契約につき1枚まで利用というルールがあります。
じゃあ審査に落ちた場合、どうなるかというと、審査に落ちた場合は再利用は可能です。

  1. エントリーコードを入力して申し込み
  2. 審査完了・・・このタイミングでエントリーコードを利用したことになる

ということなので、審査が終わらない限り、エントリーコードは利用されたことになりません。
なので、mineo(マイネオ)でエントリーコードを利用して、審査に落ちてしまった場合は、再度エントリーコードを入力して申し込みし直せばOKです。

スマホアドバイザー

審査落ちのほとんどの原因は、申し込み内容の入力不備や本人確認書類の不備です。ルールに沿って申し込みをし直せば、あっさり審査に通ることが多いです。審査落ちした場合でも、エントリーコードは無駄にはならないので、一度でダメでも諦めずにもう一度チャレンジしてみましょう。

購入しても契約完了にはならないので安心

一見エントリーコードを購入したら、mineo(マイネオ)の申し込みも完了するのではと思われる方もいらっしゃいます。
しかし、エントリーコードはあくまで、mineo(マイネオ)の事務手数料が無料になるクーポンです。
クーポンを「お金を出して購入する」というのが分かりにくいのですが、上記だと909円でエントリーコードを購入して、事務手数料3,300円を無料にするということになります。
普通に申し込むよりも3,300円-909円=2,391円安く申し込めるんです。

どうしてこんなまどろっこしいことをしているかと言うと、エントリーコードが広告の役割を果たしているからなんですね。Amazonで格安SIMと検索すると、mineoのエントリーコードが上位に表示されます。単純にmineoの申し込みページの中で、事務手数料を無料にするよりも、エントリーコードという形で、クーポンを購入させた方が、mineoを知らない方にもmineoを知ってもらえるって訳ですね。

複数回線契約の際は使えば使うほどお得

mineo(マイネオ)のエントリーコードは、1回線の契約につき1枚まで利用可能です。
こう聞くと、家族でmineo(マイネオ)に乗り換えようとされている方は、エントリーコードは使い回せないのかとがっかりされるかもしれません。
でも、エントリーコードは使い回せないにしても、契約回線分エントリーコードを購入することによって、以下のように、お得に契約できます。

エントリーパッケージの価格は時期によって変動するのですが、500円だとすると、

  • 1回線の場合⇒(3,300円-500円)×1=2,800円節約
  • 2回線の場合⇒(3,300円-500円)×2=5,600円節約
  • 3回線の場合⇒(3,300円-500円)×3=8,400円節約
  • 4回線の場合⇒(3,300円-500円)×4=11,200円節約
  • 5回線の場合⇒(3,300円-500円)×5=14,000円節約

という形で、エントリーパッケージを利用すると契約する回線数が増えるたびに、節約できる金額も増加します。
エントリーコードは1回線契約につき1枚までですが、Amazonなどで何枚でも購入できるので、複数回線契約する場合は契約する回線数だけ利用するとお得です。

なお、 エントリーコードは1回のみ使用できます。
家族で使い回しはできません。夫婦2人でマイネオを契約したい場合はエントリーコード(エントリーパッケージ)は2つ必要です。

エントリーコードのメリットの要点整理
  • エントリーコードは事務手数料を無料にする割引券
  • 複数回線契約する場合は、使えば使うほどお得になる
  • 1回線契約につき、1枚必要だが、審査に落ちた場合については、再利用可能
  • エントリーコードを購入しても、mineoの契約は完了しない
  • エントリーコードはあくまで割引券なので、エントリーコード到着後に、オンラインストアなどで別途申し込み手続きをする必要がある

エントリーコードのデメリット

さとるくん

エントリーコードって事務手数料を無料にするための割引券ですよね。割引券にデメリットなんてあるんでしょうか?

スマホアドバイザー

そうなんですよね。私もエントリーコードは事務手数料が割引になるので、契約時は絶対使わないと損と思っていたのですが、表があれば裏もあるということで、良いことばかりではないみたいなんです。一番大きなデメリットは、申し込み時期が遅れてしまうということです。

さとるくん

あぁまぁエントリーパッケージを先に購入しないといけないから、申し込み手続きが長引くのはしょうがないですよね。

スマホアドバイザー

そうなんです。でも、単に申し込みの時期が遅れるだけならいいんですが、エントリーパッケージを購入して待っている間に、今契約しているドコモ/au/ソフトバンクの月額基本料が余計にかかってしまったという方もいらっしゃるんです。5月中にmineoに乗り換えておけばよかったのに、エントリーパッケージを待ってたら契約が6月になって、ドコモ/au/ソフトバンクの6月分の月額料金を余計に払ってしまったというケースです。

さとるくん

なるほど、それはたしかに無駄ですね。せっかく割引券を購入してたのに、逆に無駄にお金を払ってしまうのは、ちょっと悲しすぎます。

スマホアドバイザー

そうなんですね。エントリーコードを利用しても節約できる金額は2,000円くらいですし、手間もかかるので、エントリーコードなしで直接オンラインストアで契約する方も多いのも事実です。

返品・返金は不可

エントリーコードを一度購入すると、基本的に返品は不可です。
したがって、

  • パッケージ開封後、別のエントリーパッケージを購入したことに気づいた
  • パッケージ購入後、mineoの契約時に審査落ちし、再申し込みしても審査に通らない
  • パッケージ開封後、やはり別の格安SIM(MVNO)にすることにした

といった場合でも、パッケージのキャンセルは効きません。
エントリーパッケージは、単なる割引券ではありますが、キャンセルができないため、実質、初期費用(事務手数料)を前払いしていることと同じことになります。
mineo(マイネオ)に申し込みをすることが確実になってから、エントリーパッケージを購入するようにしましょう。

申し込みに時間がかかる

エントリーパッケージを使うと、mineo(マイネオ)にすぐに申し込むことができず、mineoを利用開始するまでにかかる日数が延びます。

当然のことですが契約の時に一緒にエントリーパッケージを購入することはできません。
事前に、ご家族や知人の方もしくはSNSや掲示板を通じてエントリーコードを入手しておくかmineoエントリーパッケージを購入しておかなければなりません。

購入していた場合、もし何かの都合でmineo(マイネオ)との契約をしなければ、そのエントリーパッケージの購入費用は無駄になってしまいます。
また、エントリーパッケージを購入して、MNP(モバイルナンバーポータビリティー)を利用する場合には、締め日や契約更新期間の期限に注意して、エントリーパッケージを購入しておかなければなりません。

実は、利用開始が延びると、めちゃくちゃ損をしてしまうケースがあるんです。
大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)から、mineo(マイネオ)に乗り換えをする場合、少しでも早くmineo(マイネオ)に乗り換えた方が、月々の支払いが抑えられます。
特に、MNPの場合、MNPの開通手続きのタイミングが、ある時点を超えてしまうと、大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)の月額料金が余計にかかってしまうんです。
どのタイミングで、大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)の月額料金が新たに発生するかというと、

  • ドコモ/au⇒5月1日を過ぎると、5月分の月額料金が発生
  • ソフトバンク⇒4月21日を過ぎると、5月分の月額料金が発生

と、ドコモ/auは1日、ソフトバンクは20日です。
大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)の月額料金は7,000円〜8,000円程度なので、MNPの切り替えのタイミングがドコモ/auは1日、ソフトバンクは20日を超えるだけで、7,000円〜8,000円も余計な料金を払う羽目になってしまうんです。

エントリーパッケージを利用しても、初期費用(事務手数料)は

3,300円-500円(Amazon版のパッケージの価格)=2,800円

と、2,800円しか節約できません。
単にmineo(マイネオ)のSIMを申し込むだけでなく、Amazonでエントリーパッケージも購入することになり、MNPの開通手続きが遅れがちです。
エントリーパッケージで節約できる金額よりも、MNPの開通手続きが遅れることによって大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)の月額料金が余計に発生してしまう損の方が大きいので、必ずしもエントリーパッケージを利用した方がお得というわけではないんです。

さとるくん

なるほど。たしかに、エントリーパッケージを購入している間に、ドコモ/au/ソフトバンクの月額料金を無駄に支払わないといけないということにもなりかねませんね。

スマホアドバイザー

Amazonでエントリーパッケージを購入すると、エントリーパッケージが自宅に到着するまで通常2〜3日程度かかります。そして、mineo申し込みから回線切替(=ドコモ/au/ソフトバンク解約)までも2〜3日はかかるので、ちょっと油断すると、ドコモ/au/ソフトバンクの月額料金が余計に発生してしまうことになります。スピーディーに乗り換えるなら、エントリーパッケージなしという選択もありかなと思います。

さとるくん

たしかに、ドコモ/au/ソフトバンクの月額料金は1ヶ月分だけでも十分大きいし、トータルで考えると、ドコモ/au/ソフトバンクのの月額料金を余分に払わないことが、節約のポイントかもしれないですね。

スマホアドバイザー

まぁエントリーパッケージは事務手数料をできることは事実なんですが、手間もかかるし、エントリーパッケージの存在を知ってても使わないという方も結構いらっしゃいます。

エントリーパッケージの種類は複数あり間違える方も

Amazonのエントリーパッケージの販売ページに行くと、

  1. mineo SIMエントリーパッケージ
  2. 【関西限定】光回線(eo光申込パッケージ)
  3. 海外用プリペイドSIM

の3種類のパッケージが売られています。
mineo(マイネオ)のエントリーパッケージ自体は、「1.mineo SIMエントリーパッケージ」一種類だけなのですが、

  • 【関西限定】光回線(eo光申込パッケージ)⇒固定回線の割引券
  • 海外用プリペイドSIM⇒プリペイドSIMの販売

ということで、Amazonの同じページにエントリーパッケージ以外のものが掲載されていて、非常に分かりにくくなっています。
別のエントリーパッケージを購入してしまうと、事務手数料が無料にならないどころか、エントリーパッケージ代も余計にかかってしまいます。
エントリーパッケージを購入する場合は、必ず「mineo SIMエントリーパッケージ」を購入するようにしましょう。

エントリーコード1つで複数回線申込は不可

さとるくん

エントリーコードって、1枚につき何回でも使い回せるのでしょうか?1枚で複数回使えると、家族で契約する時にお得ですよね。

スマホアドバイザー

残念ながら、エントリーコードは1契約につき1回までしか使えません。なので、一度使ったエントリーコードはタダの紙切れになってしまいます。

さとるくん

そうなんですね。他の格安SIMのキャンペーンだと、キャンペーンコードを入力すれば割引が受けられるというものもあったので、mineoのエントリーコードも使い回せるのだと思ってました。

スマホアドバイザー

mineoのエントリーコードは英語4桁、数字12桁で、1度利用するとエントリーコードは無効になります。なので、エントリーコードを購入する時は、契約する回線分購入しておくようにしましょう。

一つのエントリーコードに対して、契約は1回線までで、複数回線の事務手数料を無料にしようと思ったら、契約回線毎にエントリーコードが必要です。
友達からエントリーコードをメールで送ってもらって、それを利用しても、友達か本人のいずれか一人しか割引が受けられない仕組みになっているんですね。
また一人で複数回線申し込む際も、例えば5回線申し込む場合は、エントリーコードを5つ用意する必要があります。
エントリーコードは再利用も出来ないので、一度申し込みに利用したエントリーコードは、ご本人であっても、使い回すことは出来ません。

WEB以外の申込みは事務手数料1,000円up

mineo(マイネオ)のエントリーパッケージを利用して申込をすると、事務手数料3,300円が無料になるのですが、

  • WEBからの申込み⇒事務手数料無料
  • 店舗での申込み⇒事務手数料1,000円発生

ということで、エントリーパッケージで事務手数料が無料になるのはWEBからの申込みだけとなっています。
店舗での申込みだと、エントリーパッケージを利用しても事務手数料が無料にはならず、1,000円発生してしまいます。
というわけで、エントリーパッケージを利用するなら、WEBからの申込みの方が断然お得です。
店舗でエントリーパッケージを利用すると、事務手数料が余計にかかってしまうだけでなく、待ち時間も長くなるので、全くオススメできません。

エントリーコード購入なしでも申込みは可能

エントリーコードがあった方が、申し込み手数料が安くなりますが、なくても申し込みは可能です。
時間に余裕のある方は、エントリーコードを利用するのもオススメですが、エントリーコードなしでもmineoには申込みはできます。
一秒でも早くmineo(マイネオ)に申し込みをしたいという方は、エントリーコードなしで申し込むのもオススメです。

スマホアドバイザー

mineoへの申し込みが遅れてしまい大手キャリアの月額料金を余計に払ってしまうことを考えると、エントリーパッケージで節約できる初期費用の額は大きくありません。初期費用を抑えようとして、大手キャリアの月額料金を余計に支払ってしまったら、パッケージを購入する労力もお金ももったいないです。申し込みの手続きが長引いてよいことは何もないということで、エントリーコードを使わずmineoに申し込むという方もわりといらっしゃいます。

一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

エントリーコードのデメリットの要点整理
  • エントリーコードは原則、返品不可
  • エントリーコードを購入しなくても、mineoには申し込み可能
  • 少し手間がかかるというデメリットはあるので、1秒でも早く申し込みをしたい方は、エントリーコードなしで申し込むのもオススメ

エントリーコードはどこで買えるの?

私はエントリーコードをAmazonで購入しました。
ですが、エントリーコードは、amazon以外でも購入することができます。

mineo(マイネオ)の公式ホームページでは、以下がエントリーコード購入先として紹介されています。

Amazonやヨドバシ

mineoショップ(アンテナショップ)

  • mineo渋谷
  • mineo大阪
  • mineoショップ秋葉原
  • mineoショップなんば
  • mineoショップ名古屋
  • mineoショップ神戸

家電量販店

  • ヨドバシカメラ(さいたま新都心駅前店、新宿西口本店、マルチメディア新宿東口、マルチメディアAkiba、マルチメディア上野、マルチメディア吉祥寺、八王子店、マルチメディア町田、マルチメディア錦糸町、マルチメディア川崎ルフロン、アウトレット京急川崎、マルチメディア横浜、マルチメディア京急上大岡、千葉店、マルチメディア宇都宮、マルチメディア京都、マルチメディア梅田、マルチメディア博多、マルチメディア札幌、マルチメディア仙台、マルチメディア郡山、新潟店)
  • Joshin
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ
  • 山田電機
  • WonderGOO

mineoサポート店

SIMフリー完全ガイド

SIMフリー完全ガイド (100%ムックシリーズ)の雑誌の付録

Twitter/Facebook/2ch/Yahoo知恵袋

Twitter/Facebook/2ちゃんねる/Yahoo知恵袋でもらう、マイネ王という掲示板でもらう→禁止されました

上級編として、Twitterで「#エントリーコード」というハッシュタグを付けて、「mineoのエントリーコードください:とつぶやいてみる」という方法もあります。
ただ、見ず知らずの相手とやり取りをすることに抵抗がある方はなかなか難しいと思います。
やはりなんだかんだで、一番オススメは、エントリーコードが最安価格の 355円で販売されているAmazonです。
取り引きでトラブルが起こることはまずないですし、一時期よりもエントリーコードの価格が値下がりしています。
量販店より値段が安いのももちろんメリットですが、1~2日で届けてくれるので、わざわざ量販店に行って探さなくてもいいのもありがたいですね。

【エントリーコードと”エントリーパッケージ”の違い】
上記サイトでは、以下のように「エントリーパッケージ」という名前の商品が販売されています。

  • Amazon:mineoエントリーパッケージau/ドコモ対応SIM(マイクロ、ナノ、標準、VoLTE)データ通信/音声通話
  • eoショッピングモール:ケイ・オプティコム公式 – mineoエントリーパッケージ au 4G LTE/auVoLTE/docomoXi/FOMA対応
  • mineoアンテナショップ:エントリーパッケージ
  • ヨドバシカメラ:ケイ・オプティコム K-OPTI.COM mineo エントリーパッケージ
  • 上新電機:mineo(マイネオ)エントリーパッケージ
  • 楽天市場:mineoエントリーパッケージ
  • EDONネットショップ:mineo au/ドコモ対応SIM(マイクロ、ナノ、標準、VoLTE)データ通信 音声通話 最低利用期間なし mineoエントリーパッケージ
  • メルカリ:mineoエントリーコード/エントリーパッケージなど
  • ヤフオク:mineoエントリーコード/エントリーパッケージなど

色々商品名がありますが、中身は全て同じです。エントリーパッケージという紙の中に、エントリーコードという16桁のローマ字とアルファが別途が記載してあります。エントリーパッケージを購入する唯一の理由は、エントリーコードを入手することだけなので、商品名を「エントリーコード」としてくれるとわかりやすくて親切なのですが。
また、よく勘違いされるのですが、このエントリーパッケージの中には、SIMは入っていません。Amazonやヨドバシカメラでは、あくまでエントリーコードのみを入手し、mineo(マイネオ)にそのご申し込みをすることになります。

エントリーコード購入から、mineo(マイネオ)申し込みは、以下のような流れですね。

  1. Amazonで「エントリーパッケージ」を購入する
  2. Amazonからエントリーパッケージが送られる
  3. エントリーパッケージが到着 ←この中にエントリーコードが入っています。
  4. エントリーコードの使えるmineo(マイネオ)のサイトから申し込み
  5. Web申し込みの中に出てくる画面で、エントリーコードを入力

【Amazonは2,000円以上購入で送料無料】
Amazonは元々送料無料だったのですが、購入総額が2,000円未満では送料が発生してしまうようになりました。
エントリーコードは500円前後なので、送料を無料にするためには、追加で1,500円ちょっと買って、送料を無料にする方が無駄が無いですね。
ティッシュやトイレットペーパー、洗剤、石鹸など普段生活をしていて必ず使うものを買えば簡単に1,500円くらい追加できると思います。
足りていないものを中心に買っておけば無駄がないですね。

エントリーコードはどこで買えるのかの要点整理
  • エントリーコードは、Webサイト、店舗(mineoショップ、家電量販店、mineoサポート店、雑誌の付録(SIMフリー完全ガイド)、Twitter/Facebook/2ちゃんねる/Yahoo知恵袋といった場所で買える
  • 最安値はAmazonの355円

エントリーコードの値段は?

エントリーコードの価格は、こんな感じになっています。

エントリーコードの購入先と価格

価格は、時期によって変動しますが、大体1,000円程度で購入できます。
事務手数料は、3,300円で固定なので、エントリーコードを使うことで、少なくとも2,000円程度は、節約できることが分かります。

2017年に入って、メルカリやヤフオクなどのネットオークションで、エントリーコードが出品されることが多くなりました。
メルカリやヤフオクは、値段としてはAmazonなどで購入するよりも安くなりますが、出品者の方とやり取りする手間があったり、商品を購入したのに届かないなどのリスクもあります。
ネットオークションに慣れている方は利用するのもよいと思いますが、エントリーコードは、Amazonで購入するのが一番手間がないと思います。

雑誌の付録のエントリーコードには注意

<