1. ホーム
  2. ≫mineo(マイネオ)なら全国ショップで初期設定のサポートが受けられます!

mineo(マイネオ)なら全国ショップで初期設定のサポートが受けられます!


今回は、格安スマホ(MVNO)の初期設定やデータ移行が面倒と思っている方に、mineo(マイネオ)の初期設定サポートを紹介していきます。

■当サイトが調べた一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

電話帳やアカウントの設定ができていないと、せっかくスマホを買っても、新しいスマホを使いはじめることが出来ませんよね。
mineo(マイネオ)では、全国の提携店舗で、初期設定が1,000円、データ移行は3,000円〜10,000円程度でサポートを受けることが出来ます。
ネットで調べればどこかにやり方は書いてあるんでしょうが、それをイチイチ調べてデータ移行をする時間がないという方は、mineo(マイネオ)のサポートサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

mineo(マイネオ)のサポートって何をしてくれるの?

全国のmineo(マイネオ)の提携店舗で、利用料金1,000円でmineo(マイネオ)の初期設定をサポートしてくれるサービスです。

初期設定サポート

mineo(マイネオ)の初期設定サポートでは、

  1. SIMカードの挿入→スマホの起動
  2. メールの設定

の2点を実施してくれます。
平たく言うと、電話とメールを使える状態にしてくれるということです。
メールは@mineo.jpというパソコンメールですね。
@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpといった携帯電話会社のメールを利用していた方はアドレスは変わってしまいますが、一先ずこれでメールを送れる状態にはしてもらえます。
Gメールなどを利用している方は、ご自身で設定ということになりますね。

有料オプションサポート

有料オプションとして以下のサポートもあります。

  • 電話帳移行→ 3,000円程度
  • 画像やアプリなどのデータ移行→ 5,000円程度
  • 訪問サポート→ 上記に加えて出張費+5,000円、+8,000円

有料オプションサポートは、電話帳やデータ移行などに掛けている時間がない、という方は重宝されているようです。
店舗によってはスマホに入っている全てのデータを移行してくれるところもあるようなので、店舗に相談してみるとやってくれるかもしれません。
ただ、画像が3,000枚を超えている場合などは、パソコン経由でデータを移す必要が出てくるため、新しい携帯電話にデータを移行させるだけでも、2万円程度かかってくることもあるようです。
最近は、写真データなどを保存するためのmicroSDの値段も下がってきているので、AmazonなどでmicroSDを購入して、自分でデータ移行をするのもありかもしれないですね。

上記のサポートは、mineo(マイネオ)に申し込んだ方全員が利用することが出来ます。
サポートは申し込み時のオプションサービスではなくて、mineo(マイネオ)に申し込んだ後に、以下紹介する全国のサポート店に直接連絡して、店舗で初期設定を依頼する流れになります。
初期設定は一律1,000円ですが、有料オプションは値段が店舗によって変わってくるので、詳しくは店舗に要確認ですね。

提携店舗でサポートを受けるための持ち物

mineo(マイネオ)の申し込みが完了している方限定で、初期設定や有料オプションのサポートが受けられるのですが、サポートを受けるために必要な準備物は以下の2点です。

  1. mineoご利用ガイド
  2. mineo申し込み時のeoIDとパスワード

上記2点は、mineo(マイネオ)の商品に入っているので、サポートを受ける店舗に、商品を梱包している箱をそのまま持っていけば問題ないでしょう。

サポートはどこで受けられるの?

東北、四国の店舗がやや少なめですが、全国でサポートが受けられるのは嬉しいですね。
★の付いたお店はmineo(マイネオ)取扱店なので、初期設定やデータ移行のサポート以外にも、エントリーコードと言って、mineo(マイネオ)の事務手数料が無料になるコードを発行してもらうことも出来ます。

北海道

  • Dr. Home Net 札幌店★
  • パソコン工房 イオンタウン平岡店、函館店、旭川店、帯広店、釧路店

東北

  • パソコン工房 福島店、郡山店、仙台店、山形店

関東

  • パソコン工房 秋葉原サポート★、宇都宮店、甲府店
  • BUY MORE 秋葉原本店
  • Dr. Home Net 東京三田店★、東京立川店★、横浜六角橋店★、千葉中央店★、埼玉大宮店★

中部

  • パソコン工房 長野店、福井店、金沢南店、富山店、新潟女池店
  • GOOD WILL 豊橋店、岡崎店、刈谷店、EDM館★、豊田店、岐阜茜部店、岐阜正木店、四日市店、津店
  • Dr. Home Net 名古屋店★

関西

  • パソコン工房 大津店★、大阪日本橋店★、筧面店★、枚方店★、堺店★、岸和田店★、京都寺町店★、奈良店★、和歌山店★、明石店★、神戸西店★、西宮戒前店★、伊勢丹★、三田店★、姫路店★、加古川店★
  • Dr. Home Net 大阪吹田店★、京都駅前店、神戸店★

中国

  • パソコン工房 鳥取安長店、松江店、岡山南店、倉敷店、福山店、広島商工センター店、東広島店、山口店、宇部店
  • Dr. Home Net 広島店

四国

  • パソコン工房 高松店、徳山店、松山店

九州

  • パソコン工房 小倉店、福岡南店、香椎店、福岡西店、久留米店、佐川店、長崎店、佐世保店、熊本北店、熊本店、大分店、宮崎店、鹿児島店
  • Dr. Home Net 福岡博多店★
  • GOOD WILL 那須新都心店★、北谷(ちゃた)店★

近くにサポート店がある場合は、サポート店に電話して、来店予約を取りましょう。
総合家電ショップの中に店舗があったりして、それほど人が多い訳ではないようなので、忙しい時間帯に急に行くと、待たされる可能性もありますが、予約を取っておけば待ち時間もなくスムースに手続きができます。
サポート店の電話番号はこちらです。

【mineoの直営店のmineoショップでも初期設定が可能に】

渋谷、大阪、神戸のmineo直営店のmineoショップでも、初期設定サポートが受けられるようになりました。
サポート内容は、上記のサポート店で受けられるサポートと同じで、mineo(マイネオ)で購入した端末のみ、SIMカードの差し替えや開通作業のサポートを無償で受けられます。
初期絵設定の方法が分からないという方は、古い端末を持って、以下のmineo(マイネオ)ショップでサポートしてもらうのもよいと思います。

mineo渋谷:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町21-9渋谷平和クワトロビル(050-7102-8788)
mineo大阪:〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪 北館3階(050-7102-8788)
mineoショップ神戸:〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3丁目1番9号セリザワビル(050-7102-8788)

なお、申し込み手続きを店舗でして、サポートも店舗で受けると、待ち時間、手続き時間、移動時間それぞれがかかり、半日仕事になってしまうことも普通です。
時間短縮のために、端末+SIMカードをmineo(マイネオ)のオンラインストアで購入し、初期設定サポートを店舗で受けるという方法がオススメです。
mineo(マイネオ)の端末であれば、オンラインストアで購入した端末でも、店舗に持っていけばサポートの対象になります。

エントリーコードはネットで購入した方がおトク

L_image (2)

上記のショップで購入できる、エントリーコードについて説明したいと思います。
そもそもエントリーコードは、mineo(マイネオ)に申し込む前に、家電量販店やAmazonなどで購入すると、mineo(マイネオ)申し込みにかかる事務手数料が無料になるというものです。
エントリーコードは抽選でもらえるものではなくて、店舗やネットで購入する必要があります。
どうしてこんなことをやっているかと調べてみたんですが、価格.comなどで売れ筋ランキングとかが出てきた時に、このコードが上位に出てきていたんですね。
一瞬携帯電話の売れ筋ランキングと見間違ってしまったのですが、このコードが売れることによって、mineo(マイネオ)の名前が広まるんですね。
mineo(マイネオ)の中だけでやると、こうしたランキングには名前が出てきませんが、商品として家電量販店やAmazonで販売することで、mineo(マイネオ)を宣伝しているようです。

内部事情はどうでもよいのですが、mineo(マイネオ)に申し込む際は、エントリーコードを先に購入しておくとトクです。

エントリーコードはeconetで購入がオススメ

エントリーコードを購入する際、上記ショップで購入するよりも、ケイ・オプティコムが運営するeconetで購入した方が、時間も値段も節約できます。

上記のショップで購入すると2,000円かかりますが、mineo(マイネオ)を提供するケイ・オプティコムが運営するeconetでエントリーコードを購入すると、

  • エントリーコードが1,080円で買える
  • エントリーコードをメールで送ってくれる

と、ショップでのエントリーコード購入よりもメリットが大きいんですね。

ショップでエントリーコードを購入すると二度手間

エントリーコード、契約、サポートの申し込みの順序は以下の通りです。
店舗のサポートは、mineo(マイネオ)の申し込みが終わってから、個別に店舗に連絡する流れになります。

  1. econetでエントリーコードを購入 → econet経由だとメールで受け取り
  2. mineo(マイネオ)のページから契約の申し込み
  3. 上記サポート店に電話してサポートを申し込み

サポートは上記のショップで受けても良いですが、エントリーコードはなるべく、econetから購入すると良いと思います。
エントリーコードをショップで購入すると、サポートを受けるのはmineo(マイネオ)申し込みの後なので、2回もショップに行かないといけないので手間が多いですね。

自分でデータ移行はそれほど難しくない

スマホのデータは、電話帳、LINE、写真、音楽、メモ帳、ブックマーク、アプリのセーブデータなどがあります。
この内、最低限移行しておきたい電話帳とLINEについて、自分で移行させる方法についてご紹介していきますね。

電話帳

ガラケー→Android、Android→Androidの場合

Androidへのデータ移行は、microSDカードを利用します。
microSDは、128GBでも5,000円くらいで購入できます。

旧端末:microSDを挿入→設定からデータをバックアップ
新端末:microSDを挿入→設定からデータを復元

Android→iPhoneの場合

Android:Android版のZeetleというアプリをダウンロード→電話帳を送る
iPhone:iPhone版のZeetleというアプリをダウンロード→電話帳を受け取る

ガラケー→iPhoneの場合

ガラケーからiPhoneにデータを移行させる場合は、パソコンが必要です。

  • ガラケーからmicroSDにデータを移行
  • パソコンにmicroSDを挿して以下のツール経由でiPhoneに移行

アドレス帳変換ツール for Windows
アドレス帳変換ツール for Mac

少々複雑ですが、こちらの説明書に沿ってやればきちんとデータ移行させることが出来ます。

LINE

旧端末:設定からメールアドレス、パスワードを設定。アカウントの引き継ぎのに段階認証をオンにする
新端末:LINEをインストールして、旧端末で設定したメールアドレスとパスワードでログイン、SMSで本人確認をしてログインする。

これでLINEの連絡先は新端末に移行されます。
iPhoneの場合、はじめの画面から、AppleID、パスワードを入力→iCloudで最新のバックアップから復元を選べば、LINEのトーク履歴も復元することが出来ます。
AndroidからAndroidの場合は、トーク履歴は消えてしまいます。

まとめ

mineo(マイネオ)のサポートって何をしてくれるの?

初期設定→スマホのネット接続とmineo.jpのメールの設定で1,000円
データ移行→写真やアプリのデータ移行で3,000円〜10,000円程度

提携店舗でサポートを受けるための持ち物

mineo(マイネオ)の契約者であることを証明するために

  • mineoご利用ガイド
  • eoIDとパスワード

の2点が必要です。
送られてくる商品の箱の中に2つとも入っているので、サポートを受ける店舗に箱ごと持っていけばいいでしょう。

サポートはどこで受けられるの?

全国120店舗でサポートを受けることが出来ます。
事前に電話をして予約を取って行けば、待ち時間なくサポートを受けることが出来ます。

エントリーコードはネットで購入した方がおトク

上位のサポート店で、事務手数料3,240円が無料になるエントリーコードを購入することが出来ますが、エントリーコードは「econet」というmineo(マイネオ)を運営しているケイ・オプティコムの公式サイトから購入した方が安く購入することが出来ます。
しかもeconetから購入すると、エントリーコードはメールで送ってもらうことができるので、価格・時間の両方の観点から節約できますね。

自分でデータ移行はそれほど難しくない

電話帳やLINEのデータ移行は自分でもすることは出来ます。
お金を節約したい方は試してみましょう。

今回は、mineo(マイネオ)のサポートについて説明させて頂きました。
実はそれほど難しくはないのですが、時間がなくて考えるのも面倒だという方は、初期設定やデータ移行をお金を出してサポートしてもらうのもアリだと思いますよ。

一番おトクなmineoの申し込みはこちら