1. ホーム
  2. Androidスマートフォン
  3. ≫mineo(マイネオ)からHUAWEIP9liteが発売!スペックや価格など口コミ・評判をまとめてみました。

mineo(マイネオ)からHUAWEIP9liteが発売!スペックや価格など口コミ・評判をまとめてみました。


HUAWEIP9liteは、mineo(マイネオ)で購入するのが最安です!
3万円以下のSIMロックフリーのスマホとして、2016年6月に発売されてから、継続して人気No1のHUAWEIP9lite。
mineo(マイネオ)なら、端末代27,600円と他社よりも安いだけでなく、月額料金も2016年10月31日まで月額800円x6ヶ月の割引を受けられます!

■当サイトが調べた一番おトクなmineoの申し込み先はこちら

HUAWEIP9liteは、mineo(マイネオ)だけでなく、楽天モバイル、BIGLOBE(ビッグローブ)、OCNモバイルONE、NifMo(ニフモ)、DMMモバイルなど色んな格安スマホ(MVNO)で扱われているテッパンのスマホで、2016年夏のイチオシの商品なんです。

mineo(マイネオ)からHUAWEIP9liteが発売

2016年9月1日にmineo(マイネオ)からSIMロックフリーのスマホの大本命のHUAWEIP9liteがついに発売されました。

HUAWEIP9liteがどのくらい人気なのかを見るために、価格.comで2016年8月29日〜2016年9月4日に集計されたSIMロックフリーのスマホのランキングを見ていきましょう。

1位 MOTOROLA Moto G4 Plus SIMフリー 最安値価格 38,280円
2位 富士通 arrows M03 SIMフリー 最安値価格 35,500円
3位 HUAWEI  HUAWEI P9 lite SIMフリー 最安値価格 27,399円
4位 ASUS Zenfone Go SIMフリー 最安値価格 19,791円
5位 HUAWEI HUAWEI P9 SIMフリー 最安値価格 49,800円

SIMフリースマホの総合順位としては3位、3万円以下のSIMフリースマホとしては、最も人気があります。
よく見ると、5位にHUAWEIP9liteの上位機種のHUAWEI P9が5位にランクインしています。
あまり聞き慣れない方も多いと思いますが、HUAWEIのPシリーズは、格安スマホでは王道中の王道の人気ブランドなんです。

mineo(マイネオ)には、ドコモプラン、auプランと2種類のプランがあるのですが、HUAWEIP9liteは、ドコモプラン専用端末として発売されました。
日本で最もエリアの広いドコモの通信設備を利用できるのは安心ですね。

また、細かな月額料金の比較は後ほどさせて頂きますが、mineo(マイネオ)でHUAWEIP9liteを購入するメリットは、

1.月額料金800円x6ヶ月分の割引がある・・・2016年10月31日まで
2.Amazonギフト券1,000円がもらえる・・・2016年10月31日まで

という2点の特典があるということです。
いずれも10月31日までなのですが、1の特典については、割引額や割引金額については、変動はあるものの、通年で行っているので、もうしばらくは恩恵に預かれると思います。

HUAWEIP9liteの口コミ・評判

HUAWEIP9liteの特徴としては、以下のようなものがあります。

・3万円以下の端末としては、めちゃくちゃ完成度が高い
・5.2インチの大画面ディスプレイで動画もゲームも大迫力
・高感度指紋認証センサー搭載でカンタン安心セキュリティ
・高画質・高機能カメラで楽しみ広がる
・スリムでコンパクトなサイズと、シンプルで洗練されたデザイン

スマホとしては低価格なHUAWEIP9liteですが、必要な機能はぎゅっと詰まっているようですが、問題は、使った方々の評判がどうかですね。
HUAWEIP9liteを使った方の口コミ・評判を見ていきましょう。

良い口コミ

【コスパ最強のSIMフリースマホ】
全体的に、これと言って悪い部分がないスマホです。
デザイン→側面はアルミでiPhone的な外観です。
大きさ→大画面で文字が打ちやすいです、でも薄い。
レスポンス→ポケモンGOを使っているとややスペック不足を感じます。
バッテリー→1日中ずっとゲームをしていても、余裕で残ります。普通に使えば3日は持つ?
処理性能がiPhoneやXperiaには劣りますが、ゲームをやる方でない限りかなり満足できるスマホだと思います。

【デザインがシンプルで良い!】
色んな方が既に言っていますが、デザインが万人受けする感じで、結構高級感もあります。
少なくとも安っぽくないです。
シルバーを買いましたが、色も、端末を持った感じの質感も気に入っています。

【iPhone5sから機種変しました!】
iPhone5sを発売当初8万円近くで買いましたが、それより遥かに速くて、デザインも最新の感じがするHUAWEIP9liteが3万弱。
かなり満足してます。
大画面のスマホなので、片手で持つのは困難ですが、ウェブ、動画、LINEなど操作してみましたが、全く問題なく使えています。
ここまで完成度が高いスマホが安価に購入できることが分かったので、もうiPhoneに戻ることはないと思います。

【格安スマホの決定版?】
このレベルのスマホを3万いかずに買えるのは、驚きです。
特にバッテリー持ちは本当に良く、2日半は余裕で持ちます。
レスポンスは動画やウェブサイトを検索する分には全く問題ありません。
ゲームでやや遅くなると言っている方を見かけましたが、私はゲームはしないので・・・。
とにかく総合的な満足感がめちゃくちゃ高いスマホです。

現状出ている格安スマホでは、最有力候補という意見が多いです。
その理由は、スマホの価格としては比較的手頃な3万円以下の価格でありながら、レスポンスやデザインなどのスマホに求められる要素が、全部予想以上だったというところにあるようです。
3万円分の投資回収効果は十分期待できる端末のようです。

イマイチな口コミ

【背面がプラスチック】
iPhoneやXperiaと比べるのもどうかと思いますが、やっぱり3万円台と思えるのが細部を見ると分かります。
中国製が気になる方は気になるかもしれませんが。
ただ、他の部分処理性能やバッテリー持ちとかも含めて考えると、これで2万7000円は安すぎます。
デザインだけはあまり期待しない方がいいと思います。

携帯アドバイザー

イマイチな口コミが少ないですが、本当に良い口コミが多くて驚きました。
HUAWEIのPシリーズの最高傑作、大満足、機種変更して良かった、いままでの高いスマホってなんだったんだ、こんないいモノを安く買えて良い時代になった等など、肯定的な意見、それも絶賛レベルの意見がかなり多かったです。

本当?と思って、ワイモバイル(Ymobile)のHUAWEIP9lite(ワイモバイルでは、LUMIERE(ルミエール)503HWという商品名)を見に行って、店員さんに売れ行きなどを聞きに行ったのですが、やはり一番売れているとのこと。
売れている理由は、これだけいい製品がこの安さで買えるという、かなりシンプルな理由でした。
現存している格安スマホの決定版と言っても良さそうですね。

HUAWEIP9liteのスペック

HUAWEIP9liteは、デザイン、処理性能、バッテリーなど、多くの方が重視するスペックが高く、それでいて本体価格が3万円と高すぎない、というバランスの良いスマホです。
3万円台で一番売れているスマホです。
HUAWEIP9liteの姉妹機種として、HUAWEI P9もありますが、こちらもHUAWEIP9liteほどではないですがかなり売れ筋で、HUAWEI P9は格安スマホを購入する方々の間ではかなり人気の機種です。

HUAWEIP9liteのスペックを、ハイスペック機のHUAWEI P9と比べて見ていきましょう。

HUAWEIP9lite  HUAWEI P9
最安価格
(価格.com参照)
27,399円 49,800円
発売日 2016年6月17日 2016年6月17日
カラー ゴールド、
ホワイト、
ブラック
シルバー、
グレー
OS Android6.0 Android6.0
内蔵メモリ(ROM) 16GB 32GB
内蔵メモリ(RAM) 2GB 3GB
CPU Kirin955
2.5GHz+1.8GHz
Kirin955
2.5GHz+1.7GHz
コア数 8コア  8コア
バッテリー容量 3,000mAh  3,000mAh
画面サイズ 5.2インチ  5.2インチ
最大データ通信速度(下り) 150Mbps 262.5Mbps
カメラ画素数(メイン) 1,300万画素 1,200万画素x2
カメラ画素数(サブ) 800万画素 800万画素
その他機能 ・指紋認証 ・ジャイロセンサー
・指紋認証

価格はHUAWEI P9に対して、約半額ですが、コア数、バッテリー、画面サイズなどは上位機種のHUAWEI P9と同等です。
ちなみに、カメラ画素数(メイン)は、1,300万画素と、HUAWEI P9と比べて高いように見えますが、HUAWEI P9は1,200万画素のレンズが二つ付いており、カメラ性能はHUAWEI P9の方が高いです。

HUAWEIP9liteは、色んな方が口コミでコメントしていますが、スマホを快適に使う上で最低限のスペックは備えていると、動作の速さには一定の評価を得ています。

【ジャイロセンサー無しなのでポケモンGOは△】
HUAWEIP9liteの弱点として、ポケモンGOのARモードが使えないということが挙げられます。
ポケモンGO自体はプレイできるのですが、ジャイロセンサーというスマホの傾きを認識する機能を搭載していないため、街の風景を見ながらポケモンを探すということが出来ません。
パズドラや、白猫プロジェクトなど他のゲームは問題なくできるようです。

mineo(マイネオ)のHUAWEIP9liteの価格

mineo(マイネオ)のHUAWEIP9liteの価格を見ていきましょう。
HUAWEIP9liteはmineo(マイネオ)以外の格安スマホ(MVNO)でも、発売されているので比較して見て行きます。

格安スマホ(MVNO) 端末本体価格 キャンペーン 最安の音声SIMの料金プラン
楽天モバイル 29,980円 端末代金半額 3GBプラン→1,600円/月
DMMモバイル 29,980円 1GBプラン→1,140円/月
NifMo(ニフモ) 28,889円 10GBの音声SIM
契約で15,000円
割引
3GBプラン→1,600円/月
OCNモバイルONE 27,800円 2ヶ月x700円/月
割引
3GBプラン→1,800円/月
BIGLOBE(ビッグローブ) 29,980円 3GBプラン契約で
6ヶ月x600円/月
割引
1GBプラン→1,400円/月
IIJmio(みおふぉん) 27,800円 3GBプラン→1,600円/月
mineo(マイネオ) 27,600円 音声SIM契約で、
6ヶ月x800円/月
割引
500MBプラン→1,400円/月

まず、mineo(マイネオ)はHUAWEIP9liteの端末本体価格が、27,600円と格安スマホ(MVNO)のセット販売端末の中で最も安いです。
さらに、月額料金のキャンペーンがアツいのがmineo(マイネオ)です。
他の格安スマホ(MVNO)は、「◯◯GBのプランに契約すると割引が受けられる」というものが多いですが、mineo(マイネオ)は条件なしに、音声SIMを契約すれば、だれでも、月額料金の割引を受けることが出来ます。
しかも、割引額も多いですよね。
音声SIMに契約後にデータSIMに変更することも出来るので、音声SIMで契約してからデータSIMに契約を変更すれば、5ヶ月間無料です。
音声SIM→データSIMに変更する際に事務手数料2,000円は取られてしまいますが、割引される額の方が多いので、最低料金で持ちたい方もmineo(マイネオ)がおトクです。

まとめ

mineo(マイネオ)からHUAWEIP9liteが発売

3万円以下のSIMフリースマホとして、一番人気のHUAWEIP9liteがmineo(マイネオ)から発売されました。
mineo(マイネオ)なら、月額料金800円x6ヶ月分の割引がもらえ、他の格安スマホ(MVNO)で購入するよりおトクです。

HUAWEIP9liteの口コミ・評判

3万円以下のスマホの決定版、デザインがシンプルで良い、コスパが最強など、期待以上だったという声が多いです。

HUAWEIP9liteのスペック

HUAWEI P シリーズのHUAWEIP9と比較しても、コア数、バッテリー、画面サイズなどは同等です。
スマホを快適に使う上で、最低限のスペックは備えており、色んな要素で高評価を得ています。

mineo(マイネオ)のHUAWEIP9liteの価

HUAWEIP9liteの本体価格は、格安スマホ(MVNO)の中で最安の27,600円。
月額料金の割引も受けられ、おトクにHUAWEIP9liteを持つことが出来ます。

HUAWEIP9liteを購入するなら、mineo(マイネオ)が一番安いです。
mineo(マイネオ)なら、パケットシェアや、バースト機能、IP電話アプリなど、他の格安スマホ(MVNO)にはない便利な機能・サービスも使えます。
HUAWEIP9liteは、一昔前のiPhone5sなどよりも、ぐっと使いやすくなって、レスポンスも速いと色んな方から高評価を得ていて、現状出ているSIMフリースマホで最有力、SIMフリースマホの決定版という方もいらっしゃいます。
これから初めてスマホを使う方にも、そろそろ機種を変えようと思っている方にも、安心してオススメできる機種です。

一番おトクなmineoの申し込みはこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。